鶴見区版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

消防団第八分団 災害対応力を確認 9カ所で同時火災を想定

社会

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena
分団本部で情報収集にあたる第八分団員
分団本部で情報収集にあたる第八分団員

 北寺尾や獅子ケ谷、東寺尾などを管轄する鶴見消防団第八分団(星野敏彦分団長/団員数101人)が主体となり、地域住民らと連携した災害対応訓練が、3月21日に行われた。管轄内9カ所で、火災が同時発生したことを想定。関係者は「訓練はもちろん、顔の見える交流ができた」と充実感を漂わせた。

 訓練は、第八分団がこれまで行っていた図上訓練を実写化したもの。昨年に続き2回目となる。今回は団員58人をはじめ、地域住民や寺尾地区センター職員など、約160人が参加した。鶴見消防署によると、消防団が中心となって行う訓練としては、市内でも最大級の規模だという。

住民らとの連携も

 当日の発災想定のシナリオは、寺尾消防出張所が考案。団員には明かさないブラインド状態とし、情報収集から分団本部へ報告、指示伝達といった有事の際の対応力などを確認した。

 想定場所となったのは、北寺尾の町の原っぱや馬場の厚生団地、グループホームここすこ鶴見など9カ所。本部からの指示を受け、現場では消防団と地域住民が連携した消火活動や、団員による資機材を使った救助訓練があった。応急救護所となった寺尾地区センターでは、重症度によって治療の優先度を選別するトリアージ訓練も実施された。

 「町会などの協力のおかげで充実した訓練になった。場面ごとの資機材の選択などに課題はあったが、概ね対応できた」と星野分団長。見学した鶴見消防署の齋藤俊彦署長は「消防団に対する地域の期待と信頼がうかがえた。地域密着の防災体制を築く上で、今回の訓練は好例となる」と講評した。

第五分団は資機材訓練

 鶴見駅東西周辺を担当する第五分団(佐藤邦雄分団長/団員数39人)は、15日と20日の2日間、末吉消防出張所で資機材を活用した救助訓練を行った。

 阪神淡路大震災では、約8割が圧死だったが、多くは家具などの下敷きになっての窒息が要因だった。当日、講師を務めた小林栄治所長は「猶予は15分。公設消防隊は優先度が高い大規模な現場に行くため、最初に地域を回れるのは消防団」と説明。団員はバール、油圧式ジャッキなどを使い、模擬屋根に挟まれた人形の救助訓練を繰り返した。佐藤分団長は「応用して今後の訓練に生かす」と話した。

※消防団=住民らが本業を持ちながら、火災や災害発生時に消火・救助活動などを行う市町村の消防機関

救助隊の助言を聞き訓練する団員
救助隊の助言を聞き訓練する団員

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 経済

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

鶴見消防団に大臣感謝状

鶴見消防団に大臣感謝状 社会

団員大幅増が評価

4月2日号

鶴見中央に“まちのリビング”

鶴見中央に“まちのリビング” 社会

市民整備 4月1日から

3月26日号

市内経済に深刻な影響

新型コロナ

市内経済に深刻な影響 経済

融資認定832件、31億円超

3月26日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月19日号

”防災のまち”に大臣賞

市場西中町

”防災のまち”に大臣賞 社会

16年 地道な取組に評価

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク