鶴見区版 掲載号:2016年5月12日号 エリアトップへ

稲作演じ豊作祈願 市内最古の民族芸能披露

文化

掲載号:2016年5月12日号

  • LINE
  • hatena
鍬入れを演じる出演者
鍬入れを演じる出演者

 稲作作業を演じ、豊作や子孫繁栄を祈願する「鶴見の田祭り」が4月29日、鶴見神社で開かれた。

 田祭りは、鎌倉時代から伝わる民俗芸能で、市内の伝統芸能の中でも最古と言われている。

 明治以降、国によって一旦廃止され、100年以上途絶えていたが、1987年に残存していた資料などをもとに鶴見歴史の会や地元有志らが再興させた。

 当日は、地域住民らが演者となり、社務所に設けられた舞台で、「神壽歌」と呼ばれる歌を唄いながら、田起こしや田植え、稲刈りなどの作業を演じた。

 行事の最後には、紅白の餅まきが行われ、観衆を沸かせていた。

 田祭りの復活に携わった鶴見神社の金子元重宮司は、「今年も無事終えることができてよかった。来年は復活から30周年となる。記念企画を実現できたら」と抱負を語っていた。

鶴見区版のローカルニュース最新6

折れた銀杏でスプーン

常倫寺

折れた銀杏でスプーン 文化

成長願うお守りに

6月10日号

鶴見から2社が登録

かながわSDGsパートナー

鶴見から2社が登録 社会

6月10日号

まんぷく広場12日に

飲食支援テークアウト企画

まんぷく広場12日に 社会

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

命守った「歯」に労い

命守った「歯」に労い 社会

県歯会ら 伝統の供養

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter