鶴見区版 掲載号:2016年5月12日号 エリアトップへ

横浜スカーフ大使決まる 区内から坪木さん選出

文化

掲載号:2016年5月12日号

  • LINE
  • hatena
揃いの制服にスカーフをアレンジした大使たち
揃いの制服にスカーフをアレンジした大使たち

 横浜開港以来の伝統工芸で、シルク100%の「横浜スカーフ」の魅力を市内外に発信する5代目「横浜スカーフ親善大使」の6人がこのほど決定した。区内からは、学校法人桜井学園横浜ファッションデザイン専門学校(YFD)=鶴見中央=に在学中の坪木愛実さん(19)=人物風土記で紹介=が選ばれた。

 スカーフ大使は、10代から50代の女性を対象に公募。今回は50人以上の中から坪木さんのほか、後藤慎子(みつこ)さん(54)、安西仁美さん(36)、久保田桂子さん(42)、安田安紀子さん(49)、清水美沙さん(20)の6人が任命された。任期は1年で今後市内外のイベントでPR活動をする。坪木さんは、「自分たちの世代にも良さを届けられたら」と話している。

高島屋でショー

 5月25日には、YFDの生徒による横浜スカーフを使った作品のファッションショーが横浜高島屋=西区=で開かれ、坪木さんも参加予定。時間は午前11時〜と午後3時〜の2回開催。

鶴見区版のローカルニュース最新6

折れた銀杏でスプーン

常倫寺

折れた銀杏でスプーン 文化

成長願うお守りに

6月10日号

鶴見から2社が登録

かながわSDGsパートナー

鶴見から2社が登録 社会

6月10日号

まんぷく広場12日に

飲食支援テークアウト企画

まんぷく広場12日に 社会

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

命守った「歯」に労い

命守った「歯」に労い 社会

県歯会ら 伝統の供養

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter