鶴見区版 掲載号:2016年5月19日号 エリアトップへ

新市庁舎に市民の広場 市内で活用考えるシンポ

掲載号:2016年5月19日号

  • LINE
  • hatena
新市庁舎イメージ
新市庁舎イメージ

 横浜市は、設計作業を進める新市庁舎に、広場や市民協働スペースなどの整備を予定している。5月22日・28日・6月5日には、広場などを有する新市庁舎の低層部の活用法を考えるシンポジウムを、都筑区・保土ケ谷区・金沢区で実施。今後は、市民から活用法を提案するワークショップなども実施し、市民意見を計画に反映していくという。

 整備予定の新市庁舎は、地上31階・地下2階建て。中区本町に位置し、みなとみらい線馬車道駅に接続予定。高層部に市職員のオフィス、中層部に議会などを配置する。

 1階〜3階低層部には、ステージや大型ディスプレイを備えた約1200平方メートルの屋根付き広場(アトリウム)や大岡川沿いの親水広場を整備。また、市民活動や講演会などに利用できる市民協働スペース、飲食店などが入る商業スペースを設ける。「低層部は市民のための場所。将来的には市民が担い手となって活用してもらえたら」と担当者は話す。

 シンポジウムでは、新市庁舎整備計画の概要説明があるほか、まちづくりなどの専門家らが、各日異なるテーマで低層部の活用方法についてパネルディスカッションをする。22日は都筑区役所で午後1時〜、28日は保土ケ谷公会堂で午後6時半〜、6月5日は横浜市立大学で午後2時〜。FAXなどで要申込。

 詳細についての問合せは、市総務局【電話】045・633・3903【FAX】045・664・2501。

鶴見区版のローカルニュース最新6

折れた銀杏でスプーン

常倫寺

折れた銀杏でスプーン 文化

成長願うお守りに

6月10日号

鶴見から2社が登録

かながわSDGsパートナー

鶴見から2社が登録 社会

6月10日号

まんぷく広場12日に

飲食支援テークアウト企画

まんぷく広場12日に 社会

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

命守った「歯」に労い

命守った「歯」に労い 社会

県歯会ら 伝統の供養

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter