鶴見区版 掲載号:2016年5月19日号 エリアトップへ

矢向・江ヶ崎に地域交流室 6月26日開館前に内覧会

社会

掲載号:2016年5月19日号

  • LINE
  • hatena
完成した施設
完成した施設

 矢向・江ヶ崎の住民主体で計画された歴史資料室・交流室がこのほど完成し、5月14日、内覧会が開かれた。施設は「史季(しき)の郷(さと)」と名付けられ、6月26日に正式オープンする予定だ。

 完成した施設は、新鶴見小学校そばの敷地に建設。建物裏には新鶴見公園が広がる。総面積35・89平方メートルの平屋建てで、キッチンやバリアフリーのトイレも備える。

 館内には、住民宅に残っている稲作で使われていた農具や、昔の生活用品などの歴史資料を展示。季節に合わせて展示内容は変えていく。子どもから高齢者までが集える、多世代の交流拠点を目ざすという。

市助成事業に認定

 計画は地元住民が主体となり企画。地域の施設・団体も協力し、2015年には横浜市が市民主体の整備提案を助成する「ヨコハマ市民まち普請事業」に認定された。地域から協賛金も募るなど、住民一丸となって準備を進めてきた。

 開館後の運営方法を検討する委員会も発足しており、現在様々な企画が検討されている。

地元の期待高まる

 内覧会は4月に完成した建物を「いち早く見てもらいたい」と実施。館内に展示物はまだないが、集まった人たちは「オープンが楽しみ」と口をそろえていた。

 開館までの残り約1カ月で、資料展示とボランティアスタッフの人員を整える予定だ。

 「『応援しよう』という気持ちを持った地域の人たちに支えられ、ここまで来れた。今後もその輪を広げていきたい」と住民らは話していた。

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter