鶴見区版 掲載号:2016年5月19日号 エリアトップへ

元宮ファイターズ 全日本学童野球 県大会へ 市制覇 213チームの頂点に

スポーツ

掲載号:2016年5月19日号

  • LINE
  • hatena
市を制し、喜びのガッツポーズを見せる選手たち
市を制し、喜びのガッツポーズを見せる選手たち

 区内元宮を拠点に活動する学童野球チーム・元宮ファイターズ(浅井保彦監督)が、先ごろ閉幕した高円宮賜杯第36回全日本学童軟式野球大会横浜市予選大会で優勝を果たした。同チームは、横浜代表として、6月4日から始まる県予選に出場する。

 元宮ファイターズは、3年前、同大会で全国ベスト16まで勝ち進んだ実績もある区内屈指の強豪チーム。大会は、学童野球で唯一全国までつながるもので、最大級の規模となる。元宮は昨秋の区予選を勝ち抜き、区代表2チームに選ばれていた。

 浅井監督が、「走攻守のバランスが良い」と評する新チーム。市予選では、一回戦から前評判の高かった川島イーグルス(保土ケ谷区)と激突したが、6対0で圧勝。「初戦で勝ててチームがまとまった」と、浅井監督は一戦ごとに成長を感じたと振り返る。

主将「全国目ざす」

 過去4回出場して優勝2回、準優勝1回と、相性の良い県大会だが、浅井監督は「相手も強くなるので簡単ではない」と話す。

 それでも、主将の山岸温生くん(6年)は、「全国が目標。市の優勝も県も通過点」と、さらに上を見る。「県は僕たちより強いチームがたくさんいる。一戦一戦集中して、全力で最後まであきらめずにがんばりたい」と意気込む。

 県大会一回戦は、6月4日午後2時半〜、大師少年野球場で北加瀬山崎町子ども会野球部(川崎市)と対戦する。

 全国大会を経験している浅井監督は「全国の舞台はやはり違う。勝ち抜くのが難しいと思うチームだからこそ行かせたい」と話した。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ 社会

全編区内ロケで制作

10月10日号

2年後の開催、白紙へ

鶴見川サマーフェス

2年後の開催、白紙へ 社会

実行委員会が解散

10月10日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

ベイジュニアに選出

東台カルテックス島村宏斗さん

ベイジュニアに選出 スポーツ

区内唯一 活躍ちかう

10月3日号

市の歴史的建造物に

大黒ふ頭「赤灯台」

市の歴史的建造物に 社会

区内4例目の認定

9月26日号

10年で登録者10倍に

シニアボランティア事業

10年で登録者10倍に

マッチングに課題も

9月26日号

一部を保存、ホテルに

現市庁舎

一部を保存、ホテルに 社会

エンタメ施設やオフィス、大学も

9月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク