鶴見区版 掲載号:2016年5月26日号 エリアトップへ

身元確認にキーホルダー 寺尾地区高齢者へ配布し見守り

社会

掲載号:2016年5月26日号

  • LINE
  • hatena
連絡先などを記載した安心ホルダー
連絡先などを記載した安心ホルダー

 寺尾地区自治連合会(岸本進会長)は、地域の高齢者が行方不明などになった際の身元確認に、寺尾地域ケアプラザの連絡先などを記載したキーホルダー「安心ホルダー」の活用を始めている。

 安心ホルダーは、あらかじめ連絡先などを登録した原則65歳以上の高齢者に身に付けてもらう。登録情報はケアプラザと自治会町内会が保存・管理。ホルダーは手のひらに収まるサイズで、表と裏にそれぞれ登録者に割り振った個人番号と、ケアプラザの連絡先を記載。万が一の際は、連絡を受けたケアプラザが個人番号をもとに身元確認につなげる。

認知症で行方不明

 近年、全国各地で認知症の人が身元不明になるケースが発生している。

 区内では2014年、認知症の男性が行方不明となり、東京都内で遺体となって発見された。寺尾地区のひびき町会では、近隣住民ではない認知症の人が、民家に迷い込んでしまう事例もあった。

 こうした事態の対応策として、同町会で安心ホルダーが企画され、この4月から連合全体でも導入されるようになった。提案した同町会の今津雅さんは、「行方不明者を出さないためにやらなければと思った。矢向などで同様の取組みが実践され、実績もあると知りアイデアを出した」と話す。

命のお守りに

 5月17日現在、369個が配布されている。すでに、安心ホルダーを身に付けていた住民が、転倒し負傷したところを、ホルダーを手掛かりに通行人がケアプラへ連絡を取り、身元確認につながった例もある。

 連合町内会は、「住民一人ひとりが身に付けることで、少しずつ『命のお守り』として広がっていけば」と話している。

鶴見区版のローカルニュース最新6

鶴見区犯罪発生状況 車上ねらいが多発

【Web限定記事】

鶴見区犯罪発生状況 車上ねらいが多発 社会

2月5日から25日

3月4日号

横浜市 ワクチン接種券発送 時期が白紙に 供給メド立たず

【Web限定記事】

横浜市 ワクチン接種券発送 時期が白紙に 供給メド立たず 社会

開始は高齢者施設から 集団・個別は5月以降

3月4日号

横浜市鶴見区 コロナ患者 週31人増

【Web限定記事】

横浜市鶴見区 コロナ患者 週31人増 社会

減少傾向も鈍化か

3月4日号

"狐面"で棚倉町知って

"狐面"で棚倉町知って 文化

つくの商店街でマルシェ

3月4日号

小さな盆栽展 16日まで

鶴見銀座木曽屋

小さな盆栽展 16日まで 文化

建替閉店セールに合わせ

3月4日号

東部病院に寄付

建設業鶴見区会

東部病院に寄付 社会

コロナ禍 医療提供に感謝

3月4日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小さな盆栽展 16日まで

鶴見銀座木曽屋

小さな盆栽展 16日まで

建替閉店セールに合わせ

3月4日~3月16日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク