鶴見区版 掲載号:2016年5月26日号 エリアトップへ

「平成の大改修」を終えた日枝神社の宮司を務める 萩原 諄夫(あつお)さん 矢向在住 77歳

掲載号:2016年5月26日号

  • LINE
  • hatena

矢向の拠り所を守る

 ○…宮司として伝統を守ってきた日枝神社が、170年ぶりの大改修を終えた。5月29日には、お披露目として竣工奉祝祭を行う。神社の周囲に田んぼや畑が広がっていたころは、社殿の屋根もわらぶきだった。わらぶきは瓦へと変わり、改修を終えた今は銅板となった。「街の発展にあわせて、神社も栄えてきた。改修は地域の協力があってこそ」。地域へ感謝しつつ、街とともに歩んできた歴史に、思いをはせる。

 ○…神職の一族に生まれ、「お宮の子」として矢向で育った。40代で先代から宮司を受け継ぐ前は、大学の資料室などに勤務していた。日枝神社に郷神楽が伝わっていた影響もあり、古典芸能に関心を持ち、様々な芸術資料に触れられる職を選んだ。「各地でいろいろな芸能が息づいている面白さがある」。宮司の仕事の原動力は、地域への思い。古くから神社は人々が相談事をしたり、政治を行う場所でもあった。「これからも拠り所として、街の活性化の役に立ちたい」

 ○…宮司の務めには基本的に休みはないという。「朝から夜まで神社のことを考えている」。伝統芸能・郷神楽は自身が講師となり、週1回指導。習得の難しさもあり、年々メンバーは減っているが、「何とか後世に伝えていきたい」と使命感をにじませる。若い頃から続けている古典芸能の研究は、ライフワーク。資料収集のために、国立国会図書館などへ足を運んだり、特に関心のある能や神楽は、実際に習いに行くこともある。「何年勉強しても知りたいことは尽きない。研究の成果はいつか本にまとめたい」と夢を語る。

 ○…この5月に喜寿を迎えたが、まだ現役を終えるつもりはない。「せっかく神社で育ったのだから、やれる限り最後まで宮司を務め上げたい。地域の人が癒される、楽しい行事をやっていけたら」。「街のためになることを」という一心で、「矢向の拠り所」を守り続けていく。

鶴見区版の人物風土記最新6

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

6月10日号

山崎 匠さん

全国規模の賞を受賞した串焼き居酒屋楽匠=鶴見中央=のオーナー

山崎 匠さん

潮田町在住 41歳

6月3日号

笹方 未祐花(みゅうか)さん

ボランティア団体「はぐみー」の代表を務める

笹方 未祐花(みゅうか)さん

汐入町在住 19歳

5月27日号

桑島 秀一さん

県立鶴見高校同窓会の会長を務める

桑島 秀一さん

相模原市在住 67歳

5月20日号

小島 順一さん

潮田地区センターの館長として、まちづくりなどに尽力する

小島 順一さん

本町通在勤 62歳

5月13日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter