鶴見区版 掲載号:2016年5月26日号 エリアトップへ

日枝神社 170年ぶり大改修完了 5月29日に竣工奉祝祭

社会

掲載号:2016年5月26日号

  • LINE
  • hatena
改修を終えた拝殿
改修を終えた拝殿

 矢向の日枝神社(萩原諄夫(あつお)宮司=人物風土記で紹介)がこのほど、3年前から行っていた本殿と拝殿の改修を終えた。工事は、1843年(天保14年)以来の「平成の大改修」となった。5月29日には、完成を祝う竣工奉祝祭が開かれる。

 日枝神社は、1638年(寛永15年)創立。建立当初の建物は、鶴見川などの氾濫で度々破損し、1843年に拝殿と本殿を造営。1957年にわらぶきだった屋根を瓦に変えるなど、改修を重ねてきたが、屋根の老朽化が進行。雨漏りがひどくなり、応急処置で維持するのは困難になったことから、2013年の伊勢神宮の式年遷宮にも合わせて、大改修に着手した。

屋根を銅板に

 改修により、屋根は瓦から銅板ぶきに変え、重さを軽くしたほか、基礎を補強。創立当初から残っている獅子などの彫刻は貴重なものであることから、残された。

 当初は、14年完成を目ざしたが、予想よりも老朽化が進んでおり、修理に時間がかかったという。

 5月29日に開かれる竣工奉祝祭では、工事に協力した氏子や地域住民を集め、式典がある。子ども会による雅楽や地元有志の祭囃子の演奏も披露される。時間は午前10時から午後1時。

 今後も手洗い場やスロープの設置など、境内の改修を検討していくという。

 萩原宮司は、「地元も完成を喜んでくれている。新しい神社も、変わらずに地域の拠り所であり続け、町の活性化にも貢献できたら」と話している。

鶴見区版のトップニュース最新6

独自に避難所開設手引き

江ヶ崎町内会

独自に避難所開設手引き 社会

コロナ禍で作成進める 

7月22日号

改定で浸水想定約5倍に

内水ハザードマップ

改定で浸水想定約5倍に 社会

下水道の排水に限界も

7月22日号

オンライン保活相談開始

オンライン保活相談開始 社会

区職員発案 市内初の取組

7月15日号

倒産件数、上半期は大幅減

倒産件数、上半期は大幅減 経済

特別融資、支援金が下支え

7月15日号

通告・相談件数が過去最多

横浜市児童虐待

通告・相談件数が過去最多 社会

社会的関心の高まり背景

7月8日号

0円定食で学生支援

鶴見大学

0円定食で学生支援 社会

コロナ禍 収入減など理由に

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter