鶴見区版 掲載号:2016年9月22日号 エリアトップへ

獅子ヶ谷下神明社 60年ぶり「祭」再興 伝統継承 住民交流の場に

社会

掲載号:2016年9月22日号

  • LINE
  • hatena
下神明社の鳥居をくぐる子ども神輿
下神明社の鳥居をくぐる子ども神輿

 獅子ヶ谷下神明社の祭礼が9月17日、地元住民から成る奉賛会らによって60年ぶりに開かれた。社殿の建て替えを機に、改めて歴史や伝統を受け継いでいこうと、再開を決意。当日は、多くの周辺住民が集い、祭り復活を喜んでいた。

 下神明社は、1362年創建。地域住民が氏子となり管理運営を担ってきた。

 奉賛会によると、祭礼は60年ほど前まで行われていたが、人手不足や資金不足により、途絶えてしまったという。「芸者などを呼び、盛大にやっていた」と晝間一敬会長は話す。

若手が後押し

 祭り復活の機運が高まり始めたのは2010年の社殿の建替えから。造営の際見つかった古い棟札から、初めて650年以上の歴史を持つ社だとわかり、「伝統を受継いでいくための行事が必要」と感じるようになったという。

 また、近年奉賛会に加入した若手からも祭りの再開を希望する声が挙がった。若手は、氏子の高齢化が進み、神明社の維持管理が難しくなってきたことから集まった、地元の40代。「若手からこのままでは神明社がダメになってしまうと言われ、心動かされた」と晝間会長は振り返る。

 60年前の祭りを知る人はおらず、運営のノウハウはほとんどない中、何度も会合を重ね準備を進めてきた。協力する有志の中には、獅子ヶ谷に越してまだ日が浅い移住者もいる。5年ほど前から住んでいるという吉田沙枝子さんは、「古くから地元に住む世代とはこれまで挨拶を交わす程度だったが、祭りに参加したことをきっかけに交流を深めることができた」と話す。 

 迎えた当日は、子供神輿や上の宮中学校和太鼓部の演奏など、様々な催しが行われ盛り上がりを見せた。

 晝間会長は、「今後も継続し、次回はもっといろいろな企画ができれば。下神明社を支える人をさらに増やしていきたい」と話していた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

アマビエグルメで疫病退散

アマビエグルメで疫病退散 文化

区内女将ら 限定販売

5月21日号

外国人世帯に食糧品配布

ABCジャパン

外国人世帯に食糧品配布 社会

コロナ禍で解雇なども

5月21日号

被害額県下ワーストに

区内振り込め等

被害額県下ワーストに 社会

給付金詐欺にも警鐘

5月14日号

昼食で一人親を支援

昼食で一人親を支援 経済

楽匠 顧客に恩返し

5月14日号

テイクアウト店を紹介

横浜FM

テイクアウト店を紹介 社会

【Web限定記事】HPにオリジナルマップ

5月8日号

医師会にマスク寄付

上末吉五丁目

医師会にマスク寄付 社会

防災備蓄品を提供

4月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月8日15:42更新

  • 4月25日21:27更新

  • あっとほーむデスク

    4月17日20:51更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク