鶴見区版 掲載号:2016年9月29日号 エリアトップへ

脳と身体機能向上などを目的とした「エンタメ体操」を開発、普及に取り組む 倉澤 篤史さん 東寺尾在住 48歳

掲載号:2016年9月29日号

  • LINE
  • hatena

「面白さ」が拓く明るい介護

 ○…「やるなら楽しく。笑った方がいいじゃない」。介護現場に携わり約20年。リハビリなどで行うレクリエーショントレーニングに、楽しさが足りないと感じていた。「介護が必要になった人の中には、精神的に外へ出られなくなる人もいる」。面白くて、機能も向上するもの。構想10年。医療関係者やスポーツトレーナーなども交え、技術を結集したエンタメ体操を開発した。

 〇…群馬県生まれ。大学卒業後、準大手ゼネコンに勤務した。転機は25歳のとき。責任者を任された青山にある寺院の再開発プロジェクト。寺を訪れた際、墓参りに来た高齢の女性に声をかけられた。『このお寺好きなの。車イスになっても来たい』。階段があった墓地。バリアフリーという言葉の意味から学び、当時ではまだ珍しいスロープを作った。「人の心にふれた。役に立つってこういうことなんだと思った」。そう微笑む。

 〇…看護補助のボランティアを経て、資格も持たずに飛び込んだ介護の世界。転勤で越した鶴見に縁を感じ、17年前、介護事業所を立ち上げた。「現場が好きでさ」。区内はもとより、必要とされるところには飛んでいく。多忙な日々の合間、安らぎは「鶴見の銭湯めぐり」と笑う。回数券を購入し、週に2回ほど。「まだまだビギナー。コミュニケーションもあって良いですよ」。風呂上りのラムネで疲れを吹き飛ばす。

 〇…2年前、(一社)エンタメ体操協会を設立し、体操の普及促進に奔走する。9月からは、総合スーパーのイオン内で展開されるカルチャークラブと提携し、講座も開くことになった。「やったらみんな笑うんですよ。だから続く」。満開の笑顔で魅力を話す。「介護は人生のワンシーン。怖くない」。多くの人に知ってほしい。年間10万人といわれる介護離職も防ぎたい。「一人じゃできないけど、みんなの力を借りていく」。少子高齢化の未来を憂い、伝えたいことがたくさんある。「”面白さ”をプラスしてね」

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

前田 正博さん

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く

前田 正博さん

北寺尾在住 71歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク