鶴見区版 掲載号:2016年9月29日号 エリアトップへ

運動も健康も長く楽しく 東寺尾在住倉澤さん考案 広がる「エンタメ体操」

社会

掲載号:2016年9月29日号

  • LINE
  • hatena
音楽に乗せて行うエンタメ体操
音楽に乗せて行うエンタメ体操

 「右足を横に2回、前に2回…ごめんなさい、間違えちゃった」。介護事業所で行われた脳と身体機能向上などを目的にしたトレーニングの一場面。教えるトレーナーが動きを間違え、利用者から笑いが起こる。

 このトレーニングは、従来「大変」というイメージのある機能回復トレーニングを払しょくしようと、笑いと楽しさを中心としエンターテイメント型プログラム「エンタメ体操」。小売業大手イオングループのイオンカルチャークラブと提携し、9月から十日市場店=緑区=で、講座も始まるなど、広がりを見せている。

専門技術を結集

 考案したのは、区内で介護事業所を運営する(株)くらすの倉澤篤史さん=人物風土記で紹介。介護現場に約20年携わる倉澤さんは、つまらなそうにトレーニングをする利用者を多く見てきたという。

 そんな経験から、「だったら面白くすればいい」と、楽しく笑うをテーマにした体操の開発に着手。同じ思いを持った医療関係者やスポーツトレーナー、介護福祉士などの専門家とともに、この体操を作り上げた。

講師募り草の根普及へ

 超高齢化社会を迎え、膨らみ続ける社会保障給付費の中でも、高齢者給付費は約7割を占める。年間10万人といわれる介護離職も、現代社会にとって大きな課題だ。

 「このままじゃ未来の子どもたちにバトンタッチできない」と倉澤さん。草の根的に普及しようと、広めるための講師はライセンス制にし、現在募集中だ。

 笑いを誘う工夫のつまったエンタメ体操。倉澤さんは、「2年間検証した結果、要介護が外れた人もいた。楽しく広めていきたい」と話している。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の映画、製作に協力を

鶴見の映画、製作に協力を 社会

製作委 ネット寄付募る

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

第二京浜歴史探る

幻の五輪コース

第二京浜歴史探る 文化

10月10日号

自立の悩み関わり学ぶ

自立の悩み関わり学ぶ 文化

30日潮田地区センで

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク