鶴見区版 掲載号:2016年10月27日号 エリアトップへ

救急出場が急増 「過去に類のない伸び」

社会

掲載号:2016年10月27日号

  • LINE
  • hatena

 鶴見区内の救急出場が急増している。鶴見消防署によると、10月18日現在、区内救急出場の増加件数は昨年比697件。「過去に類のない伸び」で、救急隊が人手不足の事態となっていることから、同署はケガの予防を呼びかけるなど、対策に動いている。

 救急出場件数は、毎年増加傾向にあるが、今年の増加は「過去最悪の緊急事態」と同署。過去5年では2012年の547件増が目立っていたが、今年はすでにそれを上回る。市内18区中でも増加件数は最多だ。

 出場要請があるのは、半数以上が65歳以上の高齢者。急病による要請が最も多く、全体の6割を占める。特に鶴見は、高齢者が自宅で段差などにつまづき負傷して119番するケースが市内でも多い傾向にある。

背景に高齢化

 高齢化により、救急出場は近年増加傾向にある。救急車をタクシー代わりにするなどの不適正利用は減少傾向にあるが、「容態が悪化し急病搬送されるまで病院に行かない人が多いのでは」と同署は急増の背景を分析する。

 救急隊の対応にも影響が出ている。「区内各地域に配備される6隊は、1日出場しっ放し。人手が足りず現場到着までの時間も延びている」という。

重症化する前に

 出場件数抑制に向け、同署は搬送事例からケガの予防対策がわかる冊子や、救急車を呼ぶべきかの判断を手助けするガイドを配布。地域住民の会合などでも、出場抑制への協力を呼びかけている。

 また同署は、日頃の健康づくりへの啓発も重要視する。「熱が高いと思ったら早めに病院を受診するなど、重症化する前の手立てが必要」。「かかりつけ医」づくりや予防接種の呼びかけなど、区役所や医師会と連携して取り組むことも検討していきたいとしている。

 「冬はインフルエンザやヒートショックによる要請も増える。適正な利用をさらに促していきたい」と同署は話している。

鶴見区版のトップニュース最新6

横浜駅西口に交付拠点

マイナンバーカード

横浜駅西口に交付拠点 社会

鶴見区含む8区が対象

4月15日号

地域一丸で謎解き企画

地域一丸で謎解き企画 教育

寺尾小周辺 密さけ工夫

4月15日号

警察署建替えを要望

警察署建替えを要望 社会

区内5団体 移転含め連名で

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

絆のモザイクアート完成

絆のモザイクアート完成 コミュニティ文化

自治連ら企画 HPで公開

4月1日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 教育

非常用に蓄電池配備

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter