鶴見区版 掲載号:2016年10月27日号 エリアトップへ

白鵬女子高が80周年 戦災や経営難乗り越え

教育

掲載号:2016年10月27日号

  • LINE
  • hatena
嵯峨理事長らが挨拶に立った式典
嵯峨理事長らが挨拶に立った式典

 北寺尾の白鵬女子高等学校が創立80周年を迎え、10月21日、同校で記念式典が開かれた。当日は、嵯峨実允理事長や佐藤恭子校長が挨拶に立ったほか、同窓会「緑蔭会」の高橋キクエ会長も出席し、節目の場に祝いの言葉を寄せた。また、保健体育科非常勤講師で、リオデジャネイロ五輪に水球日本代表として出場した柳瀬彰良さんの記念講演も行われた。

校舎焼失し鶴見へ

 同校は1936年2月27日に、前身となる京浜女子商業学校として川崎市に創立。当初は2月26日を創立日とする予定だったが、陸軍によるクーデター「二・二六事件」が勃発し、1日延期された逸話がある。校名は当時発展を遂げていた京浜工業地帯から採った。

 太平洋戦争が始まると、創立当初の校舎は、45年に空襲により全て焼失。戦後の再出発地点となったのが現在校舎を構える鶴見区北寺尾だった。同校の文化祭「記念祭」は、移転後の新校舎の完成祝いをきっかけに始まり、今も受け継がれている。

新理事長が改革

 ピーク時には1500人以上が通う高校へ成長したが、時代の流れとともに少子化などの影響を受け、一時生徒数は400人弱に落ち込んだ。経営難に陥った同校の再建を託され2008年に就任した嵯峨理事長は、校舎のリニューアルなどを進め、現在在校生は千人以上に回復している。

 1951年の卒業生である高橋さんは、「80周年は本当に喜ばしい。永久に学校が発展していくよう願っている」と挨拶。生徒会長として登壇した柴山静香さんは、「今があるのは先輩たちの努力のおかげだと実感し、感謝の気持ちでいっぱい。自覚と誇りを持ち、後輩へ歴史を受け継いでいきたい」と話していた。

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

食糧問題の解決へ

食糧問題の解決へ 社会

市、国連機関と覚書締結

4月8日号

新キャラをお披露目

ベルロードつるみ

新キャラをお披露目 社会

鶴小児童作「にじベルくん」

4月8日号

知的財産活用し企業支援

横浜銀行

知的財産活用し企業支援 経済

テレ東関連会社と協業で

4月8日号

港と客船の調和を

港と客船の調和を 文化

大さん橋で写真展示

4月8日号

藤村氏が出馬表明

横浜市長選

藤村氏が出馬表明 政治

IR誘致の市政批判

4月8日号

「灯り」のドールハウス展

「灯り」のドールハウス展 社会

4月3日から 人形の家

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク