鶴見区版 掲載号:2016年11月10日号 エリアトップへ

大塚家具アウトレット リユース家具を導入 関東最大級の品揃え

社会

掲載号:2016年11月10日号

  • LINE
  • hatena
リユース品の商品説明をする中村店長
リユース品の商品説明をする中村店長

 寛政町にある(株)大塚家具のアウトレットが、このほどリユース家具を取り入れた「IDC OTSUKAアウトレット&リユース横浜」としてリニューアルした。同社は、今秋からリユース事業を本格始動。寛政町の店舗を関東最大級の中古品取扱い拠点として、リユース市場を開拓していきたい考えだ。

 新装開店した同店では、これまで販売してきたアウトレット商品に加え、リユース品を販売。

 リユース品は、同社が顧客などから下取りし、自社工房の職人による修理・加工を施したもの。買取品をそのまま販売することが多いリサイクルショップとは異なり、メンテナンスした良質な家具が手頃な価格で購入できる。中村貴之店長は「売れ行きは好調」と自信を見せる。

インテリア豊かに

 同社は、リユース事業で今の顧客ニーズに対応したいとする。これまでの家具の購入は、新築住宅を買う際の一式まとめ買いが一般的だったが、「今は少しずつ変える人が多い」。同社調査では、「本当は買い替えたいが予算がない」という人が多いこともわかった。

 新事業により「もったいない」と処分できなかった人も、下取りで手放しやすく、新たな購入者へも安価に商品を提供できるようにする。「買い替えを促進することで、生活の中で後回しにしがちなインテリアをもっと豊かに楽しんでもらいたい」と中村店長は話す。

 下取りやリユース品についての問合せは同店【電話】045・505・4321。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

19日に臨海フェス

19日に臨海フェス 社会

ゲームや模擬店ずらり

10月17日号

次世代に伝える地元文化学ぶ

次世代に伝える地元文化学ぶ 文化

「田祭り」テーマに

10月17日号

チェロの舞台 20日に

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク