鶴見区版 掲載号:2016年11月10日号 エリアトップへ

仲通二丁目のゆるキャラ「仲ニッコリ」を企画した 安村 富士男さん 仲通在住 69歳

掲載号:2016年11月10日号

  • LINE
  • hatena

思い立ったが吉日の実行力

 ○…「アイデアが思いつくと、すぐにやっちゃう性格で」。仲通二丁目のゆるキャラ「仲ニッコリ」も、そうだった。前触れもなく発想し、そのまま構想。決して高くはない製作費も負担し、生みの親になってしまった。知名度は徐々に高まり、イベントに出れば子どもたちの人気者になっている。「人に喜んでもらうのが趣味だから。仲通には40年も住み続けてきたので、地域に何か還元したい気持ちもあったからね」とさらりと話す。町会単位でのゆるキャラ製作は全国でも珍しい取組だが、あくまで肩の力は抜けている。

 ○…普段は仲通にある産経新聞の専売所所長として働く。青年時代は世界各国をまわってみたいと船乗りを目ざし、高等商船学校を受験するも失敗。その後は早稲田大学に進学するも途中でやめた。当時、中退する学生は少なくなく、「卒業しなくたっていいじゃないというムードがあった。希望や夢があれば生きていけると。自分もそうだった」と振り返る。そんな時代の中で、新聞販売店のアルバイトをしていたつながりで、産経新聞へ。28歳ごろから現在の店をまかせられ、40年ほどになる。「どこかに務める人生より、自営業で大きくやってみたかった。自分は独立独歩の人間だと思う」と評価する。

 ○…自治会活動には広報部長として20年以上携わり、回覧板の配布などを担当。川柳に堪能で、週刊誌の投稿欄で特選に入る腕前。雑学好きでもあり、日ごろから『文藝春秋』などの雑誌で知識を蓄えている。飲み会では関心のある手相の豆知識を披露し盛り上がる。「私は生命線が長くてね、120歳ぐらいまで生きられそう」と笑う。

 ○…アイデアの実行力・行動力で実現したゆるキャラ企画。次なる一手は未定だが「思いついたらすぐ実行するよ」。潮田神社例大祭など、イベントごとに老若男女が集まり活気にあふれる地元。仲ニッコリの力でさらに盛り上げる。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

前田 正博さん

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く

前田 正博さん

北寺尾在住 71歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク