鶴見区版 掲載号:2016年11月10日号 エリアトップへ

馬場小学校が50周年 式典・祝賀会に250人

教育

掲載号:2016年11月10日号

  • LINE
  • hatena
地域住民らが集った式典
地域住民らが集った式典

 馬場小学校(児童数729人・内海明彦校長)の50周年を記念する式典・祝賀会が11月5日、同校で開かれた。当日は、地域住民ら約250人が出席し、同校の節目を祝った。

旭小から独立

 馬場小学校は、1966年に旭小学校馬場分校として開設後、67年に馬場小として独立。創立当初を知る馬場町南部自治会会長で、同校創立五十周年記念行事実行委員会の宮野昌夫会長は、「馬場は、小学校を中心に発展してきた。学校設置とともに商店、幼稚園、道路や交通機関などが整備されていった」と振り返る。

 開校後は、全日本よい歯の学校表彰や、全国花いっぱいコンクール地区優秀賞など、様々な表彰を受賞。

 自然環境保全にも力を入れ、2008年には校内にビオトープを設置。クラブ活動も活発で、同校和太鼓クラブの出身者の中には、知的障害がありながら、プロとして活躍している友野龍士さんがいる。

 50周年に向けて、同校では児童が実行委員となり、記念マスコットやスローガンを決定。4日には、児童による祝う会が催された。

 5日の式典・祝賀会では、地域住民やPTAから、ビオトープの修繕やクラブ活動の助成などの記念品を贈呈。卒業生の友野さんによる和太鼓演奏もあった。

 挨拶に立った児童実行委員は、「50年を祝うことができたことは忘れない。さらに素敵な馬場小になるようがんばりたい」と決意を述べていた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

19日に臨海フェス

19日に臨海フェス 社会

ゲームや模擬店ずらり

10月17日号

次世代に伝える地元文化学ぶ

次世代に伝える地元文化学ぶ 文化

「田祭り」テーマに

10月17日号

チェロの舞台 20日に

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク