鶴見区版 掲載号:2016年11月10日号 エリアトップへ

馬場小学校が50周年 式典・祝賀会に250人

教育

掲載号:2016年11月10日号

  • LINE
  • hatena
地域住民らが集った式典
地域住民らが集った式典

 馬場小学校(児童数729人・内海明彦校長)の50周年を記念する式典・祝賀会が11月5日、同校で開かれた。当日は、地域住民ら約250人が出席し、同校の節目を祝った。

旭小から独立

 馬場小学校は、1966年に旭小学校馬場分校として開設後、67年に馬場小として独立。創立当初を知る馬場町南部自治会会長で、同校創立五十周年記念行事実行委員会の宮野昌夫会長は、「馬場は、小学校を中心に発展してきた。学校設置とともに商店、幼稚園、道路や交通機関などが整備されていった」と振り返る。

 開校後は、全日本よい歯の学校表彰や、全国花いっぱいコンクール地区優秀賞など、様々な表彰を受賞。

 自然環境保全にも力を入れ、2008年には校内にビオトープを設置。クラブ活動も活発で、同校和太鼓クラブの出身者の中には、知的障害がありながら、プロとして活躍している友野龍士さんがいる。

 50周年に向けて、同校では児童が実行委員となり、記念マスコットやスローガンを決定。4日には、児童による祝う会が催された。

 5日の式典・祝賀会では、地域住民やPTAから、ビオトープの修繕やクラブ活動の助成などの記念品を贈呈。卒業生の友野さんによる和太鼓演奏もあった。

 挨拶に立った児童実行委員は、「50年を祝うことができたことは忘れない。さらに素敵な馬場小になるようがんばりたい」と決意を述べていた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

3区支部長に小林氏

立憲民主

3区支部長に小林氏 政治

「政治本来の役割を」

6月27日号

「こどもタウンニュース」よこはま版が創刊

子どもの発達障害どう向き合いどう支援

参加者募集

子どもの発達障害どう向き合いどう支援 教育

7月6日に研究会

6月27日号

チョコレートを科学する

豊小児童が乗艇体験

豊小児童が乗艇体験 教育

ボート協会が指導

6月27日号

こんにゃく芋を植え付け

新鶴見小児童

こんにゃく芋を植え付け 教育

群馬・昭和村と交流

6月27日号

チャリティほおずき市

チャリティほおずき市 文化

鶴見神社で6日

6月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 歯とお口の話

    街の歯医者さんが教える

    歯とお口の話

    Vol.【12】「学校歯科医とかかりつけ医の役割」

    6月27日号

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月27日号

お問い合わせ

外部リンク