鶴見区版 掲載号:2016年11月17日号 エリアトップへ

東高チア 初の全日本へ 本番は19日 上位目指す

スポーツ

掲載号:2016年11月17日号

  • LINE
  • hatena
全日本に出場する同部部員ら
全日本に出場する同部部員ら

 市立東高校=馬場=のチアダンス部「SCARE CROW」が11月19日、東京都内で開かれる全日本チアダンス選手権大会へ出場する。既存の練習法の見直しなどの努力が実り掴んだ初出場。部員らは上位入賞を狙いたいと意気込んでいる。

 全日本チアダンス選手権大会は、日本チアダンス協会主催。チアダンスやヒップホップなどの部門に分かれ、北海道、九州、関西、東北、関東の地方予選を勝ち抜いたチームが日本一を競う。同部からは関東予選に2チームが出場し、それぞれチアダンス部門高校生編成、ポン部門高校生ミディアム編成でエントリー。そのうち、2年生主体でチアダンス部門に挑んだチーム「SCARE CROW」が、出場校9校のうち6校に与えられる出場枠を獲得した。

 同部は、今大会と同規模の全国大会「USAナショナルズ全国大会」(USAナショナルズ日本支部主催)に、3年連続出場。今大会は例年USAより早い時期に開催されることや、部員の多くが高校から始めた初心者ということもあり、これまで出場を逃してきた。初の全日本に向け、部員らは「悔いのない演技をしたい」と話す。

練習法を改善

 文化祭や地域イベントの出演なども多く多忙な同部は、関東予選のため集中して練習できたのは1カ月ほどだった。

 秘策は練習方法の改善。これまで上級生たちが積んでいた伝統とも言える練習を、思い切って変えたという。2年生で部長の西田晴さんは、「1年生の頃から感じていた練習の改善点を今年活かした。やるべきことは全て書き出して、短期集中で打ち込んできた」と振り返る。

 本番直前の現在は体力づくりに重点を置き練習。持ち時間は2分半だが、部員らは「長い。終わったら息が上手くできなくなる」という。通し練習は1日2、3回。部員がお互いに動きを見合い、つま先の伸び具合など細かい点にまで注意を払い、仕上がりを確認している。「本番に強いのが私たちの強み。上位に入れるよう頑張りたい」と部員らは決意を語っていた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

学生の絵で振り込め撃退

学生の絵で振り込め撃退 社会

警察、郵便局が啓発ハガキ

10月17日号

子ども向けに飼育冊子

区内動物愛護団体

子ども向けに飼育冊子 教育

“愛でる”知識学ぶ教材に

10月17日号

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ 社会

全編区内ロケで制作

10月10日号

2年後の開催、白紙へ

鶴見川サマーフェス

2年後の開催、白紙へ 社会

実行委員会が解散

10月10日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

ベイジュニアに選出

東台カルテックス島村宏斗さん

ベイジュニアに選出 スポーツ

区内唯一 活躍ちかう

10月3日号

10年で登録者10倍に

シニアボランティア事業

10年で登録者10倍に

マッチングに課題も

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク