鶴見区版 掲載号:2016年12月1日号 エリアトップへ

異業種協働で子育て支援 薬局・パン教室ら主催

教育

掲載号:2016年12月1日号

  • LINE
  • hatena
おひるねアートの撮影に挑戦する参加者
おひるねアートの撮影に挑戦する参加者

 異業種協働の子育て支援イベントが11月24日、鶴見中央コミュニティハウスで開かれた。主催は同コミハのほか、健ナビ薬樹薬局鶴見=豊岡町=、ネージュパン教室=市場大和町=。当日は親子30組が参加。健ナビの「お薬講座」や、ネージュによる、赤ちゃんを演出した写真を撮る「おひるねアート体験会」があり、親子らは笑顔を見せていた。

 イベントは、区内を中心に地域と連携した企画を行う団体「Little Yokohama Office」(LYO)が共催。地域貢献に意欲のある健ナビ薬局とネージュパン教室、また会場となるコミハをつなげ、実現につながった。

 薬樹薬局鶴見の溝呂木俊介さんは、「薬局に来てもらう前に、地域での予防に関わっていくことも大切」と、地域で活動する意義を話す。ネージュを主宰し、おひるねアートの認定講師でもあるYUKIKOさんは、「自分も子育てに苦労した経験があり、母親に楽しんで頑張ろうと思ってもらえたら」と話していた。

鶴見区版のローカルニュース最新6

食料、日用品を無料配布

食料、日用品を無料配布 社会

誰でも参加可 相談会も

12月9日号

振り返る 私の小学生時代

振り返る 私の小学生時代 文化

三世代鶴小 中西家にインタビュー

12月9日号

プレミアム商品券販売

レアールつくの

プレミアム商品券販売 経済

18日と19日、冊数限定

12月9日号

会員増強が奉仕の基盤に

RCの横浜・川崎エリア

会員増強が奉仕の基盤に 社会

小倉ガバナー、地区大会で

12月9日号

児童の記念作品

学校、地域へ思い込め

児童の記念作品 教育

12月9日号

ホーム100組200人を招待

プロバスケB3横浜エクセレンス

ホーム100組200人を招待 スポーツ

1月1、2日 横浜武道館

12月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook