鶴見区版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

(PR)

鈴木院長 「大晦日も診療します!」 大倉山 かず歯科医院

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena

 港北区の大倉山駅徒歩0分にある『かず歯科医院』は、12月31日(土)まで診療する。鈴木和夫院長は「年末の急な歯の痛みや、被せものが取れてお困りの方が毎年いらっしゃいます。そのため大晦日も対応させて頂きます」と笑顔で話す。

インプラントに特化

 鈴木院長は、インプラント診療に特に力を入れている。神奈川歯科大学卒業後、医局員として東京女子医科大学歯科口腔外科に勤務。その後、都内インプラントセンターで10年以上勤務するなどし、5700本を超えるインプラント埋入実績を持つからだ(1997年4月〜2015年1月末日時点)。

 そうした経験から、院内には歯科用CTを設置するほか、オペは治療室とは別の専用のオペ室(クリーンルーム)で実施。不安感が強い人には大学病院の麻酔認定医を招き、胃カメラ検査をする際に行う静脈内鎮静法も採用する。欠損部分の骨の量や密度を確認し、インプラント埋入には、薄く足りなくなっているケースには「骨再生術」も取り入れ、患者の要望に応えている。

 また、親知らずなどの難抜歯の患者が多いのも特長の一つ。院長の口腔外科勤務経験を知った上での来院だという。「今年も例年通り、難抜歯や入れ歯の不具合でお悩みの方などからインプラントへの相談を多く頂きました。治療プランをご説明し、患者様に納得して頂いた上で治療に入ることが当院の方針です」と鈴木院長は語る。

オペ室でインプラント手術をする鈴木院長(右)
オペ室でインプラント手術をする鈴木院長(右)

かず歯科医院

港北区大倉山2-1-14-3F

TEL:045-541-4182

http://www.kaz-shikaiin.jp

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

女性の不安 電話で支援

女性の不安 電話で支援

横浜市男女共同参画推進協会 相談窓口を新設

1月21日号

高齢者の「もしも」を守る

地域密着

高齢者の「もしも」を守る

鶴見区内で見守りサービス開始

1月21日号

薬に頼りすぎない健康生活

薬に頼りすぎない健康生活

vol.6「ご不安にお応えします」

1月21日号

終活・相続の無料相談会

オンラインによる

終活・相続の無料相談会

電話、ネットで対応

1月14日号

鎌田實氏が講演

鎌田實氏が講演

横浜市老人クラブ連合会

1月14日号

若者が希望を持てる社会に

意見広告

若者が希望を持てる社会に

モンゴル国立医科大学名誉教授篠原グループ 会長篠原今朝男

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク