鶴見区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

「いなりフェス」に2千人 生麦住民ら企画 大盛況

社会

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena
18年ぶりに披露された天狐の舞
18年ぶりに披露された天狐の舞

 稲荷社にスポットをあてたイベント「第一回生麦いなりフェス」が2月12日、生麦3丁目の神明社で開かれた。

 地域住民らにより結成され、文化や歴史の継承などを目的に活動する「生麦の道100年紀委員会」が主催。今回のイベントは、江戸から続く「稲荷講」の継承や、油揚げを使った名物づくりなどを目的にはじめて企画した。

 当日は、約2千人が来場。飲食ブースには開始直後から行列ができ、30分ほどで売り切れとなる店舗もあるなど大盛況となった。

 また、ステージでは、民謡や沖縄三線、金管バンドのほか、横浜市無形民俗文化財に認定されている生麦囃子保存会(八木下努会長=人物風土記で紹介)も出演。稲荷社の神の使いとされる狐の面をつけて踊る、「天狐の舞」を18年ぶりに披露するなど、会場を盛り上げた。

 地元に住むという60代の女性は「稲荷講のことは知らなかった。伝統も知れて面白い企画」と話した。

 主催した同委員会は、「予想以上の人出だった。色々な人に協力してもらって開催できた。来年以降も継続できれば」と意欲を示していた。

大賑わいとなった会場
大賑わいとなった会場

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク