鶴見区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

区事業費は1億1千万円

社会

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市の来年度予算案発表にともない、鶴見区の2017年度自主企画事業の概要も明らかになった。地域の課題やニーズに対応するための事業は、今年度から2つ減り34事業を展開。予算額は前年比約200万円増の1億1063万円。予算案は開会中の市会定例会で審議され、3月24日に議決される見通し。

◇ ◇ ◇

 区予算案は、「安心」のまちづくり(3063万円)、「ぬくもり」のあるまちづくり(4703万円)、「活力」のあるまちづくり(3295万円)の3体系で編成。防災活動の推進、健康寿命増進などを目的とするヘルスアッププラン、観光資源を活用して区内への集客を目ざす「千客万来つるみ」プロモーション事業に重点を置く。

◇ ◇ ◇

 新規事業は2つ。10月に区制90周年を迎えることを受け、記念事業として370万円を計上。区民らから成る区制90周年記念事業実行委員会が実施する各種事業などの補助に充当する。

 「おもてなしの心あふれる窓口事業」では、近年のマンション増加を背景とした区役所窓口の混雑緩和などに取り組む。来年度中に入居者説明会が行われる新築分譲マンションを選定の上、手続き方法などを事前に説明する考え。

 既存事業における新たな取組としては、認知症予防活動人材育成研修などを計画。拡充では区民マラソン大会(仮称)の開催を調整しているなど、多様なニーズに合わせた区独自の事業を展開する。

 区は「必要な部分にしっかりと対応し、区制90周年を盛り上げたい」と話す。

鶴見区版のローカルニュース最新6

鶴見区 5年で1・2万人増

鶴見区 5年で1・2万人増 社会

国勢調査、市速報を発表

4月15日号

初の健康遊具

三ツ池公園

初の健康遊具 社会

背のばしベンチ2基設置

4月15日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月15日号

「命と医療守り、経済を再生」

「命と医療守り、経済を再生」 社会

林市長インタビュー

4月15日号

ペッパー活用の新教材制作

神奈川県

ペッパー活用の新教材制作 教育

小学生の思いやる心を醸成

4月15日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

4月15日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter