鶴見区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

在宅視点で「認知症」議論 医療・介護事業者ら勉強会

社会

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena
意見を出す参加者(鶴見区医師会在宅部門提供)
意見を出す参加者(鶴見区医師会在宅部門提供)

 区内で在宅医療・介護に従事する事業者らでつくる「つるみ在宅ケアネットワーク」の合同勉強会が、2月13日、済生会横浜市東部病院で行われた。

 同ネットワークは、鶴見区医師会在宅部門が中心となり、2010年に設立された団体。円滑な在宅ケアのための顔の見える関係づくりなどを目的とし、多職種が連携して勉強会などを開いている。

 15回目となった今回の勉強会には、132人が参加。「認知症」をテーマに、関連したDVD映像を取り入れたディスカッション形式で進められた。参加者からは「認知症の独居者が増えての地域対策は」「認知症の方の車の運転をやめてもらうには」などと声が上がり、「多職種で情報を共有するシステムがあれば」といった意見が出るなど、活発に議論を深めた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク