鶴見区版 掲載号:2017年4月20日号 エリアトップへ

障害者の逸品 冊子で紹介 顧客増やし理解促進へ

社会

掲載号:2017年4月20日号

  • LINE
  • hatena
作成された小冊子
作成された小冊子

 区内の障害者福祉施設で作られた製品や、同施設運営のカフェ情報を網羅した小冊子『つるみでおかいもの』がこのほど完成し、鶴見区役所などで配布が開始された。これまで製品に特化したPRはほとんどなく、関係者らは「多くの一般の人に来てもらうことで、障害者理解が進めば」と期待を寄せる。

 小冊子は、区内障害者福祉施設などからなる鶴見区地域自立支援協議会の生活支援部会が企画。鶴見区の予算で製作された。製品の周知や、障害理解の促進などを目的としている。

 A5判の全18ページには、障害者が働くカフェやパン屋、アクセサリーといった手作りの雑貨を作る施設などのほか、鶴見区障害児者団体連合会の移動式店舗「鶴っこワゴンショップ」も含めた25施設を掲載。飲食店は各種メニュー、作業所などは製品の写真を載せ、施設で作られたものに特化した。

 区高齢・障害支援課は「皆さん商品開発にも努めていて、素材を工夫するなど品質もアップしている。多くの人に知ってもらいたかった」と話す。

 5500部印刷され、区役所3階で配架中。各地域ケアプラザや京急鶴見駅などでも配られる予定だ。

勤労意欲向上にも

 これまでのPR方法としては、区障団連作成のパンフレットなどはあったが、一般向けに製品紹介に絞った内容のものはほとんどなかったという。

 区内施設の担当者は「個別に広報にかける予算はほとんどない。口コミなどに頼らざるを得ない」と現状を語る。

 就労支援施設として店舗を構える施設では、レジなどは障害者が対応する。直接対面は、障害者、健常者ともに、相互理解を促進するには絶好の機会。だが、来店や利用する人が固定化する傾向もあり、広く浸透させるにはPRが必要な現状があったという。

 パンの製造・販売などを通じて、障害者の就労支援を行う「麦の家」の田代孝子施設長は、「来店が増え、直接対応する機会が増えるのは良いこと」と歓迎。障害者にとっては勤労意欲の向上、健常者にとっては、障害理解にもつながるとしている。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

市優秀教育実践校で表彰

鶴見小学校

市優秀教育実践校で表彰 教育

入学時からの学習に評価

4月9日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

来春、10〜12%増見込み

4月9日号

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 経済

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

鶴見消防団に大臣感謝状

鶴見消防団に大臣感謝状 社会

団員大幅増が評価

4月2日号

鶴見中央に“まちのリビング”

鶴見中央に“まちのリビング” 社会

市民整備 4月1日から

3月26日号

市内経済に深刻な影響

新型コロナ

市内経済に深刻な影響 経済

融資認定832件、31億円超

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク