鶴見区版 掲載号:2017年4月20日号 エリアトップへ

3人で横浜の魅力PR 観光親善大使が活動開始

社会

掲載号:2017年4月20日号

  • LINE
  • hatena
常松さん、加藤さん、蛯原さん(右から)
常松さん、加藤さん、蛯原さん(右から)

 横浜の魅力や観光情報を国内外にPRする2017年度の横浜観光親善大使に市内在住の3人が選ばれ、活動を開始した。

 15代目の大使を務めるのは、ドルフィントレーナーの蛯原直美さん(25)=金沢区=、学生の加藤菜月さん(22)=港北区=、同じく学生の常松真菜さん(19)=同=。今年2月の選考会で57人の中から選ばれた。

 横浜・八景島シーパラダイスで働く蛯原さんは、持ち前の好奇心でもっと横浜を探求したいという。「上品さよりも親しみを持ってもらえる大使に」と意気込む。大学院の理工学研究科で学ぶ加藤さんの夢は「横浜が舞台の映画を作ること」。大好きな「文章を書くこと」を通し、街の魅力を届けたいという。ピアノやパイプオルガン、アカペラなど音楽経験豊富な常松さんは、「心に届く演奏をするように、心を込めて横浜の良さを伝えたい」と話した。

 任期は2018年3月末まで。各種メディアを通じてのプロモーションや、市内主要イベントへの参加、他都市でのPR活動などを行う。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

三ツ池フェス中止に

三ツ池フェス中止に 社会

実行委 コロナ受け苦渋の決断

4月9日号

横浜「丼」王へ55品

横浜「丼」王へ55品 社会

商店街「ガチ」 区内うまかべん参戦

4月9日号

未来へ手紙 希望に

未来へ手紙 希望に 社会

ベルロードがポスト

4月9日号

市民施設休館5月6日に延長

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク