鶴見区版 掲載号:2017年4月27日号
  • googleplus
  • LINE

東宝タクシー 市健康経営認証を取得 高齢化で体調管理重視

社会

血圧を測る従業員
血圧を測る従業員

 鶴見中央の東宝タクシー株式会社(大野慶太代表取締役社長)が、従業員の健康づくりを積極的に行っているとして、横浜市から「横浜健康経営認証」を受けた。鶴見区内では唯一の認証事業所。毎業務日の血圧測定や、歩数計を持って街を歩く市の事業「よこはまウォーキングポイント」に全社で参加するなどの取り組みが評価された。

 「健康経営」は従業員の健康増進によって、生産性や組織力向上を目ざす経営手法。横浜市は、健康経営に取り組む企業を支援するため、昨年認証制度を創設。市内事業所を対象に公募し、応募総数34社から28社が選ばれた。

 認証事業所は、取組の内容に応じてクラス「AAA」、「AA」、「A」の3段階で評価されている。東宝タクシーは、従業員の健康課題の把握や、健康行動の取組などを実施しているとして「AA」とされた。

血圧測定 生活指導も

 同社は、昨年秋ごろから生活習慣病などの予防のため従業員の血圧測定を実施。日々の数値は蓄積・保存され、産業医と共有。数値が高い場合、医師の問診を受け、必要に応じ病院での生活指導も勧める。

 また、全社で「よこはまウォーキングポイント」に参加。勤務中のほか、休日も歩数計を活用することを推奨し、今後は最も歩いた人の表彰も行うという。

最高評価目ざす

 同社が健康経営に取り組むのは、従業員の高齢化が背景にある。従業員の平均年齢は60歳。近年は体の不調や病気を理由に退職する人が多くなっていた。「高齢であることが問題ではなく、不健康が課題。できるだけ長く仕事を続けてもらうために健康維持は重要」と大野社長は話す。

 さらに健康経営を発展させるため、現在は従業員の生活習慣を把握する健康アンケートも実施。「食習慣の改善や禁煙治療など、できる支援を広げ、『AAA』取得を目ざしたい」と大野社長は話している。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

看護学校で弁当など販売

区障団連「鶴っこ」

看護学校で弁当など販売

7月19日号

区内12校で不適合ブロック

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

ハス「近年で一番」

馬場花木園

ハス「近年で一番」

7月12日号

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月5日号

全国の強豪破りV

ローリングバレーにこにこ会

全国の強豪破りV

7月5日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日本の伝統芸能一堂に

日本の伝統芸能一堂に

邦楽連盟が演奏会 22日に

7月22日~7月22日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク