鶴見区版 掲載号:2017年4月27日号 エリアトップへ

(PR)

限界が来る前に、施設選択・入居準備を 大切な人の思いの実現をサポート「もみの樹・横浜鶴見」

掲載号:2017年4月27日号

  • LINE
  • hatena

 家族にとって今まで尊敬していた親が認知症を患い、日々悪化していく姿を目にするのは辛く受け入れ難いものである。無理をして介護をした結果、疲労や不安、ストレスを感じて心身のバランスを崩し、仕事を離れる人も多く、家族の手だけでは限界がある。認知症は専門の知識や技術を必要とするため、症状が進む前に冷静に施設を選び、入居の準備をすることが大切だ。本人だけではなく、自分のためにも早期に最良の施設を見つけてほしい。

 今回紹介する「もみの樹・横浜鶴見」は、安定経営の大和ハウスグループが運営する介護付有料老人ホーム。介護・看護職員は、法令基準の1・5倍の人員体制により入居者と1対1で向き合い、その方の意思や思いを知り、夢や願いの実現に向けてサポートする「コンタクトパーソン制」を採用。看護職員が24時間常駐し、自宅で受けていた医療も継続可能。また「認知症専用」「医療処置専用」「軽介護専用」とフロアを分け、認知症の方には不安がなく過ごせるよう工夫されている。加えて、言語聴覚士が週1回巡回し、飲み込み機能の状態を確認して食形態の変更等を提案。アクティビティや季節毎の催しも多彩で入居者と職員が一緒に作る「おやつレク」や参加型の体操「いきいきビクス」などの様々な企画を実施。さらに、入居者と家族が共に楽しめる機会を提供しようと感動プロジェクトを発足し、もみの樹の介護・看護職員が日中夜間とも付き添い、安全に旅行等を楽しんでもらっている。どのような状態になっても「その方らしい暮らしを」と願う家族と本人の思いに寄り添う。上記日程でセミナー付き見学会を開催。申込・問合せは【電話】0120・07・4165へ。

もみの樹・横浜鶴見

神奈川県横浜市鶴見区北寺尾4-3-1

TEL:0120-07-4165

https://www.mominoki-life.com/

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

女性の不安 電話で支援

女性の不安 電話で支援

横浜市男女共同参画推進協会 相談窓口を新設

1月21日号

高齢者の「もしも」を守る

地域密着

高齢者の「もしも」を守る

鶴見区内で見守りサービス開始

1月21日号

薬に頼りすぎない健康生活

薬に頼りすぎない健康生活

vol.6「ご不安にお応えします」

1月21日号

終活・相続の無料相談会

オンラインによる

終活・相続の無料相談会

電話、ネットで対応

1月14日号

鎌田實氏が講演

鎌田實氏が講演

横浜市老人クラブ連合会

1月14日号

若者が希望を持てる社会に

意見広告

若者が希望を持てる社会に

モンゴル国立医科大学名誉教授篠原グループ 会長篠原今朝男

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク