鶴見区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

不登校の子の実態 冊子に 佃野町のNPO製作

教育

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena
冊子を製作した青島理事長
冊子を製作した青島理事長

 不登校の子ども達などのための居場所を佃野町で開くNPO法人「子どもと共に歩むフリースペース たんぽぽ」(青島美千代理事長)が、このほど不登校経験者の実態をまとめた冊子を製作し、無料配布している。

 たんぽぽのフリースペースは、不登校の子を持つ保護者らが中心となって2008年にオープン。食事や工作など、子どもたちが自由な時間を過ごせる場となっている。

学校休む権利もある

 冊子は、『不登校と子どもの権利』、『子どもと精神医療の実態』の2冊。

 冊子製作のきっかけは、近年のたんぽぽを利用する子どもたちの傾向だった。「不登校になって両親の理解が得られず不仲になる子などが多くなっている」と青島理事長は話す。

 こうした現状から、当事者の生の声などを紹介する冊子を企画。各誌では、不登校であることで「ダメな人間」だと自分を責めてしまったという体験談や、薬の副作用で暴力をふるうようになった子どもの例などが挙げられている。

 今後は保護者や学校などを中心に配布していきたいという。「学校には通わなければならないとする意見も多いが、心や体が壊れてしまう前に休憩することも必要。子どもたちの休む権利を認める視点を持ってもらいたい」と青島理事長は呼びかけている。

 冊子は、両誌とも全11ページフルカラーで初版3千部。たんぽぽで配布中。問合せは、【電話】045・834・7970。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ひとり親11世帯に食糧品配布

【Web限定記事】横浜市鶴見区

ひとり親11世帯に食糧品配布 社会

区内NPOが支援

5月28日号

所属委員会決まる

鶴見区選出市会議員

所属委員会決まる 政治

任期一年、議案など審議

5月28日号

「ワッくん体操」で運動を

「ワッくん体操」で運動を 社会

区ホームページにまとめ

5月28日号

食の支援、寄付を募集

【Web限定記事】横浜市社協

食の支援、寄付を募集 社会

6月15日まで

5月21日号

“持ち帰り”に目印

“持ち帰り”に目印 社会

潮田 飲食店にボード設置

5月21日号

困窮学生の生活、学習を支援

困窮学生の生活、学習を支援 社会

鶴大、商大が給付制度新設

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク