鶴見区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

不登校の子の実態 冊子に 佃野町のNPO製作

教育

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena
冊子を製作した青島理事長
冊子を製作した青島理事長

 不登校の子ども達などのための居場所を佃野町で開くNPO法人「子どもと共に歩むフリースペース たんぽぽ」(青島美千代理事長)が、このほど不登校経験者の実態をまとめた冊子を製作し、無料配布している。

 たんぽぽのフリースペースは、不登校の子を持つ保護者らが中心となって2008年にオープン。食事や工作など、子どもたちが自由な時間を過ごせる場となっている。

学校休む権利もある

 冊子は、『不登校と子どもの権利』、『子どもと精神医療の実態』の2冊。

 冊子製作のきっかけは、近年のたんぽぽを利用する子どもたちの傾向だった。「不登校になって両親の理解が得られず不仲になる子などが多くなっている」と青島理事長は話す。

 こうした現状から、当事者の生の声などを紹介する冊子を企画。各誌では、不登校であることで「ダメな人間」だと自分を責めてしまったという体験談や、薬の副作用で暴力をふるうようになった子どもの例などが挙げられている。

 今後は保護者や学校などを中心に配布していきたいという。「学校には通わなければならないとする意見も多いが、心や体が壊れてしまう前に休憩することも必要。子どもたちの休む権利を認める視点を持ってもらいたい」と青島理事長は呼びかけている。

 冊子は、両誌とも全11ページフルカラーで初版3千部。たんぽぽで配布中。問合せは、【電話】045・834・7970。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

19日に臨海フェス

19日に臨海フェス 社会

ゲームや模擬店ずらり

10月17日号

次世代に伝える地元文化学ぶ

次世代に伝える地元文化学ぶ 文化

「田祭り」テーマに

10月17日号

チェロの舞台 20日に

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク