鶴見区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

生麦の歴史再発見講座

文化

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena

 生麦の歴史や文化を調査研究する「生見尾発見塾」の第6回が5月28日、安養寺=岸谷=で開かれる。

 生見尾発見塾は、生麦の住民から成る「生麦の道百年紀委員会」が主催。歴史学習をしながら、地域にまつわる文献収集などを行っている。

 今回は、かつて生麦の名主を務めていた、関口家の日記を読み解く。日記は江戸時代から大正にかけて150年にわたり庶民の暮らしぶりが記録されているももので、1862年の生麦事件当時の様子も記されている。当日は、参加者同士で日記を読むほか、安養寺内にある関口家の墓地を参拝。同寺の古屋道正住職が案内する。同委員会は「日記は雑記帳のようなもので難しくない。江戸時代の生麦を知る機会になる」と話している。午後3時から。参加費5百円。電話で要予約。(問)【電話】高田さん045・508・7433

鶴見区版のローカルニュース最新6

無観客ライブを生配信

ピアノトリオH ZETTRIO

無観客ライブを生配信 文化

15日、29日

7月9日号

地域の混雑 ウェブで紹介

神奈川県

地域の混雑 ウェブで紹介 社会

感染防止ブックも公開

7月9日号

「撮っておき」の写真募集

「撮っておき」の写真募集 文化

市営交通カレンダー企画

7月9日号

「IR」再検証を

「IR」再検証を 社会

市民団体 コロナ禍で市に意見書

7月9日号

返礼27品を追加

横浜市ふるさと納税

返礼27品を追加 経済

新型コロナ対策支援で

7月9日号

別所熊野神社に植樹

別所熊野神社に植樹 社会

田口園芸 55周年でサクラ

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク