鶴見区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

生麦の歴史再発見講座

文化

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena

 生麦の歴史や文化を調査研究する「生見尾発見塾」の第6回が5月28日、安養寺=岸谷=で開かれる。

 生見尾発見塾は、生麦の住民から成る「生麦の道百年紀委員会」が主催。歴史学習をしながら、地域にまつわる文献収集などを行っている。

 今回は、かつて生麦の名主を務めていた、関口家の日記を読み解く。日記は江戸時代から大正にかけて150年にわたり庶民の暮らしぶりが記録されているももので、1862年の生麦事件当時の様子も記されている。当日は、参加者同士で日記を読むほか、安養寺内にある関口家の墓地を参拝。同寺の古屋道正住職が案内する。同委員会は「日記は雑記帳のようなもので難しくない。江戸時代の生麦を知る機会になる」と話している。午後3時から。参加費5百円。電話で要予約。(問)【電話】高田さん045・508・7433

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

19日に臨海フェス

19日に臨海フェス 社会

ゲームや模擬店ずらり

10月17日号

次世代に伝える地元文化学ぶ

次世代に伝える地元文化学ぶ 文化

「田祭り」テーマに

10月17日号

チェロの舞台 20日に

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク