鶴見区版 掲載号:2017年6月22日号 エリアトップへ

ママのスキル輝け 得意分野で親子向け企画

社会

掲載号:2017年6月22日号

  • LINE
  • hatena
娘とともに英語教室を開くYokoさん(左)
娘とともに英語教室を開くYokoさん(左)

 子育てをしながらも自分のスキルを活かしたい―。そんな女性たちによる活動が、生麦で開かれている。

 「mamanomad」は、生麦周辺で子育てをする女性たちが結成し、2012年から活動を開始。生麦地域ケアプラザを拠点に、親子向けのワークショップなどを毎月開いている。

 毎回のプログラムは、様々なスキルを持つ「プロママ」と呼ばれるメンバーが企画。パティシエ経験からお菓子教室を開くなど、それぞれが得意分野を活かし活躍している。

 代表のAkiyoさんは、母親たちが自発的につながれる場をと、結成を呼びかけた。「既存のイベントに参加者として楽しむのもいいけれど、もっと主体的になる方がより楽しいのでは」という思いがきっかけになった。

 周囲には、結婚や出産前に様々な経験を積んできた母親も多くいた。Akiyoさんも、マーケティングの仕事に携わり企画などの経験がある。「個性を掛け合わせて化学変化を起こそう」と、活動が始まった。

将来の目標も

 プロママの一人・Yokoさんは、1歳の娘を育てながら、語学力を活かし月1回親子向けの英語教室を開く。「子育てだけでは物足りない。自分を活かせる機会は欲しい。2人目も欲しいのですぐには復職できない中で、今の活動はちょうどいい」と語る。いずれは自分個人の教室を開くのが目標だ。

 Yokoさんの教室に参加した母親は、「憧れる。私も子育てが落ち着いたら英語を始めてみたい」と意欲を見せていた。

 プロママや、イベントの開催依頼は随時募集している。問合せは、http://www.mamanomad.net/。

鶴見区版のローカルニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月13日号

1日乗車券がICに

市営地下鉄

1日乗車券がICに 社会

紙は5月末で販売終了

5月13日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

5月13日号

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で40人増

脱炭素社会へ意見募る

脱炭素社会へ意見募る 政治

自民党がシンポジウム

5月13日号

横浜の魅力、動画で紹介

横浜の魅力、動画で紹介 文化

ユーチューブ等で配信

5月13日号

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter