鶴見区版 掲載号:2017年6月29日号 エリアトップへ

子育て地図に寄付34万円 母親らネットで募る

教育

掲載号:2017年6月29日号

  • LINE
  • hatena
ままっぷ製作メンバー
ままっぷ製作メンバー

 区内の子育て情報を盛り込んだ地図「つるみままっぷ」の製作費を募る「『つるみままっぷ』発行プロジェクト」で、製作メンバーの母親らがインターネットで寄付を呼びかけた結果、34万9千円が集まった(6月26日現在)。当初、地図5千部の発行予算として、7月末までに30万円を集めるのが目標だったが、予想を上回るペースで支援が集まった。今後も寄付は募集し、発行部数6千部を目ざすという。

3週間で目標達成

 「つるみままっぷ」は、区内の親子で利用できる施設やイベント情報をマップ形式で紹介。2009年から製作が始まり、地域ケアプラザなどの公共施設のほか、民生委員などを通して区内すべての新生児がいる家庭へ配布。累計発行部数は6万部以上に上る。

 これまで活動予算として受給していた区の補助が終了したことから、資金をインターネットで募るクラウドファンディングを5月27日に開始。5千部の発行予算額30万円を目ざし呼びかけると、区内外の個人や企業から寄付が集まり、3週間で目標額を達成した。

 支援者からは子育て中に「ままっぷ」に助けられたという声も寄せられ、「愛用してくれていた人の存在を再認識できた」とメンバーは喜びを語る。

 今後も寄付は受付中。7月7日には、生麦地域ケアプラザでクラウドファンディングの中間報告、子育て中の母親たちの語り場を開催。午前10時から正午。無料。託児付(500円・定員有)。申込は【メール】teraomamap@gmail.com。

鶴見区版のローカルニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月13日号

1日乗車券がICに

市営地下鉄

1日乗車券がICに 社会

紙は5月末で販売終了

5月13日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

5月13日号

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で40人増

脱炭素社会へ意見募る

脱炭素社会へ意見募る 政治

自民党がシンポジウム

5月13日号

横浜の魅力、動画で紹介

横浜の魅力、動画で紹介 文化

ユーチューブ等で配信

5月13日号

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter