鶴見区版 掲載号:2017年6月29日号 エリアトップへ

福島・棚倉町の食材一堂に 7月1日 佃野でマルシェ

社会

掲載号:2017年6月29日号

  • LINE
  • hatena
試作されたコラボ商品のブルーベリーケーキ
試作されたコラボ商品のブルーベリーケーキ

 福島県棚倉町の特産品が販売される「棚倉マルシェ」が7月1日、レアールつくの商店街で開かれる。

 棚倉町は、鶴見区の友好交流都市。2013年には、棚倉町と、同じく区の友好交流都市である福島県西会津町のアンテナショップ「kura―cafe」が同商店街にオープン。東日本大震災の原発事故による風評被害の払しょくなどを目的に、名産品の販売や現地を訪れるツアーなどが実施されてきた。

コラボ商品開発

 マルシェ開催は、今年3月、kura―cafeが閉店したことがきっかけだった。棚倉町は、同店で生まれた区民とのつながりを途絶えさせたくないと、鶴見でのPRを継続する方法を模索。同店の元店長で、閉店後イベント企画会社「ふくわらい」を立ち上げた中村郁子さんも企画・運営に協力し、実現した。

 当日は、野菜や菓子などの物産のほか、鶴見とのコラボ商品を販売する。中村さんが区内飲食店に協力を呼びかけ、棚倉町の食材を活かした商品を考案。つくの商店街の「おじちゃんのパン工場」による同町の野菜を使ったパン、「べじたべるカフェ」=潮田町=の、ブルーベリーを使ったケーキが並ぶ予定だ。

 マルシェは今後月1回程度実施する。午後1時から7時。(問)中村さん090・8645・6474

七夕夜市

 当日は、商店街イベント「七夕夜市」も開催。午後7時頃から模擬店が並び、小学生以下当日先着200人に菓子を配布(午後6時半〜)。鶴見総合高校和太鼓部も出演(8時〜)。短冊の飾付けもできる。(問)【電話】045・571・1888

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場 ICT化へ一歩

5月7日号

10年目は歴代が集合

10年目は歴代が集合 社会

横浜スカーフ大使、24人に

5月7日号

鯉のぼり 天高く

鯉のぼり 天高く 文化

横溝屋敷に70流

5月7日号

電子決済で商店街支援

電子決済で商店街支援 経済

みずほ銀、市と協定

5月7日号

個性溢れる書、楽しむ

個性溢れる書、楽しむ 文化

鶴見書人会が展示

5月7日号

区内奉仕団体 こども食堂支援

区内奉仕団体 こども食堂支援 社会

地元産のタケノコ 有効活用

5月7日号

有限会社カモシダ

鶴見区江ケ崎町16番21号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter