鶴見区版 掲載号:2017年8月10日号 エリアトップへ

座禅に救命、児童600人が体験 区内企業ら連携し企画

社会

掲載号:2017年8月10日号

  • LINE
  • hatena
AEDによる救命を体験する子どもたち
AEDによる救命を体験する子どもたち

 大本山總持寺を会場に8月2日、地元企業連携の小学生向け体験イベントが行われ、区内学童クラブの児童ら約600人が、座禅や健康教室などを楽しんだ。

 イベントは、昨年、鶴見郵便局と同寺、障害者の就労を支援する就労移行支援事業所・さら就労塾@ぽれぽれ=神奈川区=が企画した、ハガキに一文字を記す書道教室の第2弾。今年は鶴見消防団と神奈川東部ヤクルト販売(株)を加え、5者による共同企画となった。

協賛ハガキに「書」も

 当日は、区内学童クラブやサッカークラブなどから約600人の児童が参加。午前と午後の2回にわかれ、總持寺僧侶による座禅、ヤクルトの腸内細菌の仕組みなどを学ぶ健康教室、消防団のAED(自動体外式除細動器)体験といった様々な企画を体験した。

 また、ヤクルトのほか、Dr関塾鶴見諏訪坂校と尻手駅前校、au鶴見西口駅前店、山田かきかた教室が協賛し、1人2〜3枚のハガキを用意。体験した内容の感想や消防団募集ポスターの標語をハガキに書く、筆文字体験もあった。

 鶴見郵便局によると、ハガキは後日、児童の自宅へ届けられ、標語などに賞も授与する予定という。

 参加した子どもたちは「たくさんあってどれも面白かった」と話し、貴重な体験を喜んでいた。

就労訓練、実践の場に

 同イベントには、ぽれぽれ訓練生の社会体験という側面もあり、今回は利用者7人がWEBサイトでの広報から協賛金集めのための営業までを経験。提案書を作成した上、営業に回り、筆ペンの提供を受けるなど成果を見せた。内田恵施設長は「スタッフも驚くほどの成長ぶりだった。自信につながったはず」と話した。

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

寸劇参考に特殊詐欺防止

寸劇参考に特殊詐欺防止 社会

2組に感謝状贈呈

8月11日号

「横浜BUNTAI 」が名称に

横浜文体再整備事業

「横浜BUNTAI 」が名称に スポーツ

優先予約の受付開始

8月11日号

音楽で子どもの心のケアを

音楽で子どもの心のケアを 社会

「楽しい思い出をお守りに」

8月11日号

「付添犬の普及、環境整備を」

市内のNPO

「付添犬の普及、環境整備を」 社会

本出版で議長に活動報告

8月11日号

県内の女性議員割合23%

県内の女性議員割合23% 社会

横浜市、増加傾向も20%

8月11日号

オペラの魅力楽しんで

神奈川フィル 秦野で巡回公演 10組20人招待

オペラの魅力楽しんで 文化

8月11日号

横浜市新型コロナワクチン情報

4回目接種対象は60歳以上の方全員と18〜59歳の基礎疾患がある方等です

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook