鶴見区版 掲載号:2017年8月24日号 エリアトップへ

タンクローリー安全協議会 燃料用携行缶を寄贈 鶴見消防署に200リットル分

社会

掲載号:2017年8月24日号

  • LINE
  • hatena
携行缶を寄贈した同協議会会員と齋藤署長(前列左から2人目)
携行缶を寄贈した同協議会会員と齋藤署長(前列左から2人目)

 タンクローリーの運送業者などからなる鶴見タンクローリー安全協議会(布施重男会長)がこのほど、鶴見消防署に燃料運搬用の携行缶10缶を寄贈した。

 同協議会と消防署は昨年8月、地震等の大規模災害時、市の給油所が使用できなくなる場合を想定し、同協議会加盟事業者の給油施設を利用する協定を締結している。

長時間対応に活用

 今回寄贈されたのは、20リットル容量の携行缶10缶。消防車が災害対応で火災現場などを離れられない状況を考慮し、燃料補給用として活用される。

 鶴見署によると、特に大規模災害時の現場対応は長時間に及ぶことが想定され、活動中に現場を離れることは困難だという。

 寄贈を受けた齋藤俊彦署長は「頂いた給油用具は、消防活動の継続を維持し、区民の安全を早期に確保することに貢献できる」と意義を話した。今後も区内の安全安心のため、事業所との連携を深めていくとしている。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク