鶴見区版 掲載号:2017年8月24日号 エリアトップへ

障害児が各所で体験 社協企画に小中高生約60人

教育

掲載号:2017年8月24日号

  • LINE
  • hatena
ボートを漕ぐ子どもたちとボランティア
ボートを漕ぐ子どもたちとボランティア

 社会福祉協議会が主催する障害児向けの夏休みイベント「つるみサマーフレンド」が7月21日から8月23日まで開かれた。

 サマーフレンドは小学生から高校生の障害のある子どもたちが、親元を離れ、公募で集まったボランティアと共に体験学習をするもので、1999年から実施されている。

 障害児に普段はあまりできない体験で楽しんでもらうことだけでなく、子どもを預ける親の休息のためという目的もある。

 今年は地域ケアプラザなどを会場に16の企画が行われ、期間中58人の子ども達が参加。普段は車が多い障害児に電車やバスを経験させようと、戸塚や三浦などへ遠出するコースもあった。

ボート漕ぎ体験

 8月17日には鶴見漕艇場でボート漕ぎ体験が行われた。当日は子どもたち10人とボランティア9人が参加。事前にビデオで乗り方などを学んでから、14人乗りの大きなボートにボランティアと二人一組で乗船した。ボート協会のメンバーが付き添いながら、途中で止まりながらも、鶴見川をゆっくりと滑っていた。

 社協の担当者は「毎年楽しみにしてくれる人が多い。同じプログラムに参加し、去年はできなかったことが今年はできるようになったなど、成長を実感する声を聞くと嬉しい」と話した。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク