鶴見区版 掲載号:2017年8月31日号 エリアトップへ

橘学苑生が病院に壁画 リハビリにひと役

社会

掲載号:2017年8月31日号

  • LINE
  • hatena

 橘学苑高校=獅子ヶ谷=のデザイン美術コースで学ぶ有志生徒がこのほど、昭和大学藤が丘リハビリテーション病院=青葉区=の院内に壁画を制作=写真。「風車」をテーマに描いた淡い色あいに、「亀甲」や「扇子」など、縁起物を加えたにぎやかなデザインが利用者らの目を楽しませている。

 2014年から始まった取り組みで、患者がリハビリのために利用する「階段室」に、毎年独自の壁画を施している。3年前に1階からスタートし、今年は4階から最上階となる5階までたどり着いた。

最上階は「風」を意識

 参加したのは同コースの27人。夏休み中の9日間を利用して完成させた。

 デザインは全員が提出した案の中から投票を行い、「風車」に決定。案を出した最上桜雪(さゆき)さん(2年)は「今回は最上階の階段なので、風を感じてもらえるように意識した」と話す。

 同校の平町公教諭は「これまでは風景など写生的な作品が多かったが、今年はモチーフをデザイン化した一歩踏み込んだ作品」と評する。アクリル絵の具を使っているため「ぼかし」の表現が難しいというが、エアブラシなどを活用して繊細に仕上げた。

 初めて参加したという三岡恵衣実さん(3年)は「可愛く描いたので、リハビリする人に明るい気持ちになってもらえたら」とコメント。同院の林好彦さんは「毎年楽しみにしている。患者さんも喜んでいると思う」と笑顔をみせた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク