鶴見区版 掲載号:2017年9月28日号 エリアトップへ

(PR)

月額6万円台も 一時金・入居金不要 福 祉 「低料金で安心な生活を」 地域密着の軽費老人ホーム

掲載号:2017年9月28日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市の補助を受けて、地域に根付いた運営を行う「軽費老人ホーム」。有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅など様々な福祉施設があるなかで、リーズナブルな入居料金や、自由度の高い生活を送れる点が人気を集めている施設だ。

 軽費老人ホームは60歳以上の人で、家庭環境や住宅事情などで家族との同居が困難な人や独り暮らしで不安な人が、利用できる施設。自分のことは自分で行える人が原則対象となる。

横浜市の補助で低料金が可能に

 最大のメリットは、低料金で入居できる点だ。利用者の収入によって料金が細分化されており、150万円以下の場合は6万円台(詳細は上記)。さらに、一時金や入居金は必要ないというから驚きだ。料金には、栄養士が献立し栄養バランスに優れた1日3食の食事、大浴場等での入浴費も盛り込まれている。

 気になる健康面については近隣の病院と提携、定期的に内科や歯科の医師が来所して、健康診断を実施している。デイサービスや在宅サービスなどの介護サービスも受けられ、ヘルパーを依頼する入居者も多いという。「外泊」や「外出」は自由で、自分のペースにあった生活を送れる。

 軽費老人ホームは市内に5カ所あり、今回は4施設を紹介。各施設とも、季節ごとの催しやクラブ活動などが充実している。関心がある人は、まずは各施設に問い合わせを。

軽費老人ホーム 睦荘 東野園 上白根園 ルンビニ合掌苑

http://mutsumiso.or.jp/ http://eikokai.net/higashi.html http://kamishirane-en.com/index.html http://home.e02.itscom.net/runbinig/

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

無料査定でプレゼント

不動産会社×タウンニュース

無料査定でプレゼント

締切迫る、1月31日まで

1月28日号

いつまでも「自分らしく」暮らしたい人へ

24時間看護スタッフ常駐 専門フロアによる認知症ケア 大和ハウスグループ

いつまでも「自分らしく」暮らしたい人へ

各日1組2名限定 「個別見学会」開催

1月28日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

女性の不安 電話で支援

女性の不安 電話で支援

横浜市男女共同参画推進協会 相談窓口を新設

1月21日号

高齢者の「もしも」を守る

地域密着

高齢者の「もしも」を守る

鶴見区内で見守りサービス開始

1月21日号

薬に頼りすぎない健康生活

薬に頼りすぎない健康生活

vol.6「ご不安にお応えします」

1月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク