鶴見区版 掲載号:2017年9月28日号 エリアトップへ

県クリーニング生活衛生同業組合で講習会の講師を務める 舘野 隆さん 馬場在住 48歳

掲載号:2017年9月28日号

  • LINE
  • hatena

日進月歩の職人

 ○…県クリーニング生活衛生同業組合青年部の会長を務めて10年。その巧みな技術も買われ、技術向上を目的に開かれる組合講習会の講師としても活躍。会長に就任してからは多くの人をスカウトし、会員数を倍増させた。自宅洗濯機の進化や大手クリーニング店の参入により「鶴見に以前120店舗あった組合加盟店が今では25店しかない」と嘆く。この状況を「技術を磨いて打破するしかない」と、様々な勉強会に足を運び、日々技術向上のために奔走する。

 〇…出身は横須賀だが、育ちは鶴見。高校を卒業し、マスコミの専門学校へ進学。以前から興味のあった広告について学ぶ。初めての就職先は広告代理店で、仕事はコピーライター。「バブルで景気も良かったし、楽しかった」と当時を語る。3年間働いた後、締め切りに追われる多忙な毎日に燃え尽き、転職。トラック運転手をしながら感じていたのは「初めはやりたくなかった父の仕事だが、なくなってしまうのはもったいない」との思い。27歳で父のクリーニング店を継いだ。

 〇…コピーライターの経験と発想のユニークさはクリーニング業界でも活きた。毎年セミナーの開催や食事会をメインに行われている組合の集会では「もっと楽しい余興を」とエアアイロン大会を企画。エアギターのように、いかに演技でアイロンを持っているようにみせるかを競う大会で、ロックやメタルなどの音楽が好きだったことから発案。「2回だけの幻の企画になってしまったけどね」と苦笑するが、その2回は会場を大いに盛り上げた。

 〇…2児の父。家族で暮らす店には蘇ったブーツやカバンなど様々な小物が。「仕上げた時にお客さんが驚いて喜んでくれるのが嬉しい」と魅力を話す。新しい薬品や道具が次々に生まれ、技術は日々進化している。「学んでいくのが楽しくて仕方ない」。向上心でクリーニング業界の最前線を走っていく。

鶴見区版の人物風土記最新6

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

横浜市内在勤 39歳

1月28日号

河野 真一さん

馬場花木園の園長を務める

河野 真一さん

馬場在勤 63歳

1月21日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月14日号

九鬼(くき) 理宏(みちひろ)さん

キリンビール(株)横浜工場の工場長として活躍する

九鬼(くき) 理宏(みちひろ)さん

生麦在勤 57歳

1月7日号

田中 光哉(みつや)さん

東京パラリンピックに出場するパラテコンドー選手

田中 光哉(みつや)さん

向井町在住 28歳

1月1日号

丸山 朋子さん

鶴見のセラピスト3人によるイベント「つるみ癒しいち」をまとめる

丸山 朋子さん

寺谷在住 50歳

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク