鶴見区版 掲載号:2017年9月28日号 エリアトップへ

3校の系譜 「生見尾小」を後世に 花月園に石碑 住民らが陳情

社会

掲載号:2017年9月28日号

  • LINE
  • hatena
工事関係者の待機エリアとなっている旧生見尾小跡地
工事関係者の待機エリアとなっている旧生見尾小跡地

 東台小学校の前身「生見尾小学校」の名を後世に残そうと、跡地への石碑設置などを目ざし、地元住民らが活動を続けている。今年2月、東台の卒業生が中心となり、旧生見尾小学校説明掲示板建設委員会を組織。9月6日には横浜市に対し、周辺自治会や小学校、企業など11者が賛同した陳情書を提出した。関係者は「歴史的遺産。形に残したい」と声をそろえる。

 1889年(明治22)、市町村制の施行により、生麦、鶴見、東寺尾の三村が合併し生見尾村が誕生。小学校は94年(明治27)、当時村内にあった生麦尋常小学校、鶴見尋常小学校を統合して開校した。場所は生見尾村生麦1410番地。東福寺前の花月園入口付近だった。

 1921年(大正10)に町制が敷かれ、生見尾村が鶴見町となり、鶴見尋常高等小学校に改称。後に豊岡小となる鶴見尋常小学校と生麦尋常小学校の3つにわかれ、28年(昭和3)、現在の東台に移転した。

再開発きっかけに

 同窓生らが石碑などの設置に立ち上がったのは、整備が進む花月園競輪場跡地の再開発がきっかけだ。

 「今回を逃したらチャンスはない」。同委員会委員長で、東台小59年卒の矢澤健さんは3年前、再開発の住民説明会で、工事関係者に説明看板設置を願い出たという。「検討すると言われたが、回答はなかった」

 矢澤さんは、東台小学校同窓会の服部克彦会長に相談。卒業生ら12人で委員会を組織し、今回の陳情活動につながった。

市教委と検討

 矢澤さんによると、公図や当時を知る叔母の記憶から、生見尾小は、現在ファミリーマート花月園駅前店がある角から、旧JFE岸谷社宅の跡地に建てられていたとする。

 陳情は、跡地付近への説明掲示板と石碑の建設。鶴見一・二丁目町内会、岸谷第一自治会、東台小学校同窓会、東台、豊岡、生麦の3小学校、鶴見大学、鶴見区文化協会、鶴見歴史の会、鶴見乳幼児福祉センター保育園、東福寺、(株)高岡工業所が賛同している。

 6日、受け取った市都市整備局担当者は「周辺学校の系譜」と歴史的背景に理解を示した上、「学校関係を管轄する教育委員会と協議し検討する」と返答した。

 東台小の校歌には「生見尾の里」という歌詞が出てくる。現在の校庭には、生見尾小建設時の寄付金に対する顕彰碑が建つが、「なぜあるのかわかる人は少ない」と服部会長は言う。同委員会は今後、神奈川県知事や工事を担当するUR都市再生機構など施工業者4社にも陳情書を提出する。

鶴見区版のローカルニュース最新6

どんと焼きで健康祈願

どんと焼きで健康祈願 文化

入船公園 無病息災祈る

1月21日号

見学用菓子を寄付

見学用菓子を寄付 社会

キリン横浜工場 区社協に

1月21日号

歯牙鑑定で身元を特定

歯牙鑑定で身元を特定 社会

鶴大准教授に警察が感謝状

1月21日号

日本一の認定事業を開始

下野谷町在住KIAさん

日本一の認定事業を開始 文化

UA日本記録 既に登録20件

1月21日号

動画で交通安全

動画で交通安全 社会

市、YouTubeで配信中

1月21日号

確定申告25日から開設

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク