鶴見区版 掲載号:2017年12月14日号
  • LINE
  • hatena

県内外の小学6年生で結成された横浜DeNAベイスターズジュニアチームの監督に就任した 川村 丈夫さん 45歳

心は今でも野球小僧

 ○…プロ野球の球団がジュニアチームを結成し、優勝を賭け、トーナメント戦を戦う「NPB12球団ジュニアトーナメント」。昨年、初優勝したDeNAベイスターズジュニアの新監督として、白羽の矢が立った。「成長段階なので、やりすぎてもやらなさ過ぎてもダメ。その加減がまだちょっと…」と苦笑い。指導者としても子どもたちと一緒に挑戦中。指導の裏付けとなるのは自らの経験。経験に基づいた教えこそ、子どもたちの身になると信じている。

 ○…800人を超える選考を勝ち抜いた16人を見守る目は、時に鋭く、時に優しい。8月に発足したチームは毎週のように練習を重ねている。「先週できなかったことが今週できるようになっていたりする」子どもたちの成長に舌を巻く。栄養や食事の面、故障に対するケア等が、自身の頃より進んでいると感心する。「僕らの頃は、ゲンを担いで試合前にトンカツ食ったりしてね」と真っ黒に日焼けした顔をほころばせた。

 ○…大和市内の生まれ。小学生時代に野球を始めた。ある大会で横浜スタジアムを行進したのが当時の良い思い出だ。地元中学から県立厚木高へと進学。甲子園予選で、後に巨人などで活躍した県立川崎北高の河原純一投手との延長16回の投げ合いは、高校野球ファン語り草の試合だ。立教大学から日本石油に進み、1996年にはアトランタ五輪日本代表として銀メダルを獲得、大和市民栄誉賞を受賞している。同年、横浜ベイスターズ(当時)に入団。優勝した98年のシーズンでは、開幕投手と優勝を決めた日本シリーズ第6戦の先発を任された。引退後はコーチやスカウトを歴任。球団を陰日向から支えてきた。来年はコーチとしてチーム復帰が決まった。

 ○…「野球は『ミス』のスポーツ。そのミスを皆でカバーし、取り返せるスポーツでもある。そこが魅力」と子どもたちに負けない笑顔で語る。その表情は今でも野球小僧そのものだった。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

立澤 明さん

横浜市塗装事業協同組合の理事長で、横浜塗装工業(株)の代表取締役社長

立澤 明さん

4月18日号

荻島 克子さん

認知症カフェ・下町茶房の代表を務める

荻島 克子さん

3月28日号

須藤 正彦さん

3月13日付けで鶴見警察署の署長に就任した

須藤 正彦さん

3月21日号

間口 健一さん

新鶴見操車場開設90周年展の展示作品を作った

間口 健一さん

3月14日号

佐々木 美香さん

「お母ちゃん学」を主宰する

佐々木 美香さん

3月7日号

久松 美江子さん

「こまきち音頭」製作に尽力した

久松 美江子さん

2月28日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク