鶴見区版 掲載号:2017年12月21日号 エリアトップへ

鶴見消防署 米海軍らと合同訓練 安善町施設で連携確認

社会

掲載号:2017年12月21日号

  • LINE
  • hatena
タンクへの放水訓練(右が米海軍消防隊車両)
タンクへの放水訓練(右が米海軍消防隊車両)

 安善町の米海軍鶴見貯油施設で先ごろ、鶴見消防署、安善町共同防災組織、米海軍消防隊の3者による合同防災訓練が行われた。

 合同訓練は、横浜市消防局と、米海軍日本管区司令部との間で締結されている消防相互援助協約に基づくもの。米海軍施設のある市内臨海部各区で実施されている。

 区内では有事の際の連携を深めるため、年に一度実施されてきたが、2014年以降、双方の予定が折り合わず休止されていた。

隊員同士の交流も

 二日間にわかれて行われた訓練には、3者から計12隊・約60人の消防隊員が参加。タンク火災が発生したことを想定し、高所放水のための連携を確認した。訓練後には隊員同士で交流する機会も設けられ、「お互いに顔の見える関係づくりにつながった」と参加隊員は話す。

 鶴見消防署によると、米海軍隊とは指揮系統や使用資機材などが異なるため、こうした合同訓練は重要だという。同署警防第二課の後藤正宏さんは「簡単に入ることができない施設で連携が確認でき、有意義だった」と話した。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の映画、製作に協力を

鶴見の映画、製作に協力を 社会

製作委 ネット寄付募る

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

第二京浜歴史探る

幻の五輪コース

第二京浜歴史探る 文化

10月10日号

自立の悩み関わり学ぶ

自立の悩み関わり学ぶ 文化

30日潮田地区センで

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク