鶴見区版 掲載号:2017年12月21日号 エリアトップへ

白鵬陸上部が駅伝全国へ 4年ぶり出場 入賞ねらう

スポーツ

掲載号:2017年12月21日号

  • LINE
  • hatena
部員が一つとなって全国で戦う
部員が一つとなって全国で戦う

 白鵬女子高等学校=北寺尾=の陸上競技部が、24日に京都で行われる全国高校駅伝に出場する。出場権をかけた県大会では、中学時代は実績のなかったメンバーが4年連続で優勝していた荏田高校を底力で破った。全国大会へ向け、チーム一丸となって挑む。

 全国の出場権を握るのは各県大会で優勝した47校。県大会は11月4日、丹沢湖で行われた。女子は5区間、21・0975Km。白鵬は1区から5区まで一度もトップを譲らない区間賞の完全優勝を果たした。

雑草中の雑草

 夏の記録会では、荏田高校と30秒以上という大きな差があったという。佐野純監督は「今年のチームは雑草中の雑草。中学時代の実績は全くない選手ばかりだった。ポテンシャルでは荏田には勝てなかった」と振り返る。

 「全国に行きたい」と強く願う選手たちに対して佐野監督は「勝つ方法は一つしかない。生活習慣だ」と伝えた。

 通常は2週間ほどの合宿を今年は1カ月に延ばした。合宿では、練習はもちろんだが、生活習慣に気を配った。決まった時間に起床し決まった時間に寝る。スマートフォンは使わず、洗濯や掃除は自分でするなど規則正しい生活を繰り返した。「当たり前のことを当たり前にやってきた」と佐野監督。ストイックに身体作りをすることで、県大会直前の記録会では荏田高校との差を2秒まで縮めた。

ライバルは先輩

 3区の田中瑠美さんは「県で優勝はしたけれど目標としていた1時間9分台に持って来れなかった」と悔しさを滲ませる。全国入賞は8位まで。これまで県では2011年に同校が6位の成績を収めて以来、入賞は出ていない。主将の吉村玲美さんは「ライバルは先輩。油断せず、去年1位のチームに少しでもくらいついていきたい」と意気込んだ。

鶴見区版のトップニュース最新6

他公共施設の5倍の利用

横浜市EV公道充電器

他公共施設の5倍の利用 経済

実験1年、月平均259回に

6月30日号

災害時の子ども守る一冊

(一社)保育の寺子屋藤實さん

災害時の子ども守る一冊 社会

元消防職員 ハンドブック作成

6月30日号

県民功労者に区内2人

県民功労者に区内2人 社会

地域医療、伝統芸能で貢献

6月23日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

防災、多文化推進に重点

防災、多文化推進に重点 経済

鶴見区 運営方針を公表

6月16日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook