鶴見区版 掲載号:2018年1月18日号 エリアトップへ

(PR)

東部病院無料講座 テーマは「肺がん」「認知症」 3日と4日 専門医ら語る情報満載

掲載号:2018年1月18日号

  • LINE
  • hatena
毎回盛況の無料講座
毎回盛況の無料講座

 専門の医師らによる丁寧な解説で人気を呼ぶ、済生会横浜市東部病院=鶴見区=の市民公開講座が、2月3日と4日、同院3階の多目的ホールを会場に行われる。今回のテーマは、3日が「肺がん」、4日が「認知症」。いずれも同院の専門医や看護師らが、予防法や最新の治療法などを語るとあり、今必要な人はもちろん、将来のためにも必聴の内容だ。

全がん中死因1位

 全てのがんの中で、死因が男性で1位、女性で2位となっている「肺がん」。喫煙との関連が高く、たばこを吸う人は、男性で4・4倍、女性で2・8倍と、発症リスクが高くなると言われている。また、発症は40歳以上から増加。高齢になるほど可能性が高くなっており、男性は女性の約2倍という結果もある。

 3日の講座では、医師ら4人が、「基礎から最新の免疫療法」「外科治療」「放射線治療」「予防(禁煙)」などについて、一般にもわかりやすく解説する。

7年後は5人に1人

 4日の認知症講座には、医師と老人看護専門看護師が講師として登壇。認知症の理解から、周囲の支え方など、患者本人や家族が、いつまでも自分らしく生きるためのヒントを伝授する。

 7年後の2025年には、65歳以上の5人に1人が認知症患者になるとする国の統計もある。国民病になりつつある「認知症」の正しい理解が必要だ。

 3日・4日の講座とも時間は午前10時開演(開場9時半)。参加費無料。事前申し込み不要で、当日直接会場へ。問合せは下記、同院地域医療連携室まで。

済生会横浜市東部病院

横浜市鶴見区下末吉3-6-1

TEL:045-576-3000

http://www.tobu.saiseikai.or.jp/

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

女性の不安 電話で支援

女性の不安 電話で支援

横浜市男女共同参画推進協会 相談窓口を新設

1月21日号

高齢者の「もしも」を守る

地域密着

高齢者の「もしも」を守る

鶴見区内で見守りサービス開始

1月21日号

薬に頼りすぎない健康生活

薬に頼りすぎない健康生活

vol.6「ご不安にお応えします」

1月21日号

終活・相続の無料相談会

オンラインによる

終活・相続の無料相談会

電話、ネットで対応

1月14日号

鎌田實氏が講演

鎌田實氏が講演

横浜市老人クラブ連合会

1月14日号

若者が希望を持てる社会に

意見広告

若者が希望を持てる社会に

モンゴル国立医科大学名誉教授篠原グループ 会長篠原今朝男

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク