鶴見区版 掲載号:2018年1月18日号 エリアトップへ

鶴見中央地域内で緑化推進運動を行う 畑井(はたい) 勝也さん 鶴見中央在住 74歳

掲載号:2018年1月18日号

  • LINE
  • hatena

学び舎想う”花咲かじいさん”

 ○…「花を見て怒る人はいない」。鶴見神社や鶴見中学校前の花壇に菜の花を植えるなど緑化推進を進める傍ら、鶴見小学校での栽培指導を続け、8年。「せっかく苗を植えても、野菜がならなかったら感動もない。面白いと思ってもらえる授業がしたい」。こだわりは児童に一人ひとつ、プランターを持たせること。「自分のものじゃないと愛着もわかないでしょう」。他にも生麦小、下野谷小で指導を行うなど幅広く活動を続けてきた。実績が認められこのほど、かながわトラスト緑財団の学校関係緑化コンクールで金賞を受賞。「なんてことないただの花咲かじじいだよ」。そういって笑う。

 〇…生まれも育ちも鶴見。大学で教員の免許を取得し、初めに赴任したのは寺尾中学校だった。技術科目を教えるなかで必ず出てくる栽培の授業。研修や農家を営んでいた親戚に教わりながら、専門知識を学んだ。その影響もあり、定年退職してからも家の屋上で野菜を育てることが趣味になった。鶴見小へ通っていた2番目の孫が担任へ伝えた「おじいちゃんが野菜を育てている」の一言から、ボランティア活動をするように。「孫も娘も鶴見小にお世話になっている。恩返ししなきゃなと思った」

 〇…学校でチューリップの植え方の指導をしていた時のことだった。ほとんどの児童が植え終わった頃、3人の児童が心配して、作業が進んでいない女の子を連れて来た。小1の子どもたちが助け合う姿に心を打たれた。「学校はマイナス面ばっかり取り上げられることが多いけど、実際には助け合ったり、良い所はたくさんある」

 〇…最近は活動を保護者も手伝ってくれるようになった。「そうじゃなきゃ小学校教諭は忙しくてたまらない」。手伝いを続けるのは何より先生たちのため。「子どもたちに向き合ってもらう時間をたくさん作ってほしい。良い先生を育てたい」。熱い想いを持って、地域のために奔走する。

鶴見区版の人物風土記最新6

大谷 千惠子さん

つるみ背守り会で土台となるさらしの台紙を長年作り続ける

大谷 千惠子さん

豊岡町在住 86歳

6月23日号

高橋 博之さん

横浜市鶴見区社会福祉協議会の事務局長に就任した

高橋 博之さん

鶴見中央在勤 53歳

6月16日号

松本 智さん

鶴見図書館の館長に就任した

松本 智さん

馬場在住 60歳

6月9日号

高岡 俊之さん

今年度の神奈川県弁護士会会長を務める

高岡 俊之さん

中区在住 60歳

6月2日号

間瀬 なのはさん

パリ五輪ブレイキン強化指定選手に選出された

間瀬 なのはさん

岸谷在住 15歳

5月26日号

立石 有香莉さん

クッション型トランポリンを開発して起業。鶴見区盛り上げ隊にも参加する

立石 有香莉さん

江ケ崎町在住 27歳

5月19日号

東宝タクシー株式会社

鶴見で働く、鶴見で生きる

http://www.toho-recruit.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook