鶴見区版 掲載号:2018年1月18日号 エリアトップへ

鶴見中央地域内で緑化推進運動を行う 畑井(はたい) 勝也さん 鶴見中央在住 74歳

掲載号:2018年1月18日号

  • LINE
  • hatena

学び舎想う”花咲かじいさん”

 ○…「花を見て怒る人はいない」。鶴見神社や鶴見中学校前の花壇に菜の花を植えるなど緑化推進を進める傍ら、鶴見小学校での栽培指導を続け、8年。「せっかく苗を植えても、野菜がならなかったら感動もない。面白いと思ってもらえる授業がしたい」。こだわりは児童に一人ひとつ、プランターを持たせること。「自分のものじゃないと愛着もわかないでしょう」。他にも生麦小、下野谷小で指導を行うなど幅広く活動を続けてきた。実績が認められこのほど、かながわトラスト緑財団の学校関係緑化コンクールで金賞を受賞。「なんてことないただの花咲かじじいだよ」。そういって笑う。

 〇…生まれも育ちも鶴見。大学で教員の免許を取得し、初めに赴任したのは寺尾中学校だった。技術科目を教えるなかで必ず出てくる栽培の授業。研修や農家を営んでいた親戚に教わりながら、専門知識を学んだ。その影響もあり、定年退職してからも家の屋上で野菜を育てることが趣味になった。鶴見小へ通っていた2番目の孫が担任へ伝えた「おじいちゃんが野菜を育てている」の一言から、ボランティア活動をするように。「孫も娘も鶴見小にお世話になっている。恩返ししなきゃなと思った」

 〇…学校でチューリップの植え方の指導をしていた時のことだった。ほとんどの児童が植え終わった頃、3人の児童が心配して、作業が進んでいない女の子を連れて来た。小1の子どもたちが助け合う姿に心を打たれた。「学校はマイナス面ばっかり取り上げられることが多いけど、実際には助け合ったり、良い所はたくさんある」

 〇…最近は活動を保護者も手伝ってくれるようになった。「そうじゃなきゃ小学校教諭は忙しくてたまらない」。手伝いを続けるのは何より先生たちのため。「子どもたちに向き合ってもらう時間をたくさん作ってほしい。良い先生を育てたい」。熱い想いを持って、地域のために奔走する。

鶴見区版の人物風土記最新6

坂本 浩二さん

横溝屋敷の稲作ボランティアで一番歴の長い最年少者

坂本 浩二さん

平安町在住 44歳

10月22日号

紙谷 由起子さん

障がい者などに幅広くヨガを広める

紙谷 由起子さん

豊岡町在住 44歳

10月15日号

山本 龍行さん

鶴見火災予防協会の会長として、区内の防火・防災に尽力する

山本 龍行さん

下野谷町在住 70歳

10月8日号

三上 真史さん

里山ガーデンのウェルカムガーデンを監修する

三上 真史さん

都内在住 37歳

10月1日号

吉田 隆男さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

吉田 隆男さん

港北区在住 72歳

9月17日号

小林 貞幸さん

鶴見国際交流ラウンジの館長に就任した

小林 貞幸さん

鶴見中央在勤 68歳

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク