鶴見区版 掲載号:2018年1月25日号 エリアトップへ

横浜市 法律相談窓口を設置 「はれのひ」被害者救済で

経済

掲載号:2018年1月25日号

  • LINE
  • hatena

 振袖レンタルや販売を手掛ける「はれのひ」=本部・横浜市中区=の営業停止による被害拡大をふまえ、横浜市では神奈川県弁護士会の協力のもと「横浜市『はれのひ』被害者特別法律相談窓口」を1月31日(水)まで設置している。

 対象は市内在住で「はれのひ」の被害にあった本人と家族。会場は横浜市役所1階の市民相談室。同弁護士会所属の弁護士が無料で応じる。相談時間は31日までの平日、午前9時〜12時、午後1時〜4時。1回30分以内で、相談枠は1日12コマまで。利用は事前予約制のため、横浜市経済局消費経済課【電話】045・671・2584または671・2588へ連絡を。

善意の届け出市HPで公開

 また横浜市では企業・団体からの着物レンタルなどの善意の申し出と被害者とをつなぐ窓口として、市ホームページ内に特設サイト「新成人への善意の輪」を19日に公開した。企業・団体が支援内容を投稿でき、今後被害者向けに公開される。特設サイトへは市HPのトップからアクセス可能。

鶴見区版のローカルニュース最新6

どんと焼きで健康祈願

どんと焼きで健康祈願 文化

入船公園 無病息災祈る

1月21日号

見学用菓子を寄付

見学用菓子を寄付 社会

キリン横浜工場 区社協に

1月21日号

歯牙鑑定で身元を特定

歯牙鑑定で身元を特定 社会

鶴大准教授に警察が感謝状

1月21日号

日本一の認定事業を開始

下野谷町在住KIAさん

日本一の認定事業を開始 文化

UA日本記録 既に登録20件

1月21日号

動画で交通安全

動画で交通安全 社会

市、YouTubeで配信中

1月21日号

確定申告25日から開設

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク