鶴見区版 掲載号:2018年1月25日号 エリアトップへ

矢向小児童 史季の郷で昔を体験 道具に触れ、昭和学ぶ

文化

掲載号:2018年1月25日号

  • LINE
  • hatena
火起こしで水を沸かす児童ら
火起こしで水を沸かす児童ら

 矢向小3年生145人が1月15日、矢向・江ヶ崎・尻手の歴史資料室及び交流室「史季の郷」を訪問し、昔の暮らしを実際に体験しながら学んだ。

 同施設は2016年の6月に地元住民によって作られた。持ち寄られた昭和30年代の農具や家具、ラジオ、雑誌などが並ぶ。昨年4月には運営組織がNPO法人化した。

 展示物は季節に応じて変更され、1月6日に「昔の暮らし」をテーマに一新。矢向小の授業に合わせて昭和30年代の生活の様子を再現した。

 児童らはマッチでの火起こしや石臼を使った米粉作り、薪割りなどを体験した後、室内でお手玉や水鉄砲などのおもちゃを実際に触れながら遊んでいた。「鶴見川付近では良質な粘土質の土が採取でき、横浜赤レンガ倉庫の煉瓦にも使われた」などいうボランティアらによる周辺地域の歴史解説も行われた。

 児童らは「火起こしが楽しかった。新聞紙から木に火を移すのが大変だった」「昔の人の生活を知れて勉強になった」と感想を話した。

 鴨志田潔理事長は「この施設は展示物に触れられることが大きな特徴。壊されてしまうともあるけど、いつかは消えるもの。触って感じてほしい」と話した。

 今後は春にお雛様、五月人形などの展示が行われていく予定。

鶴見区版のローカルニュース最新6

「防災」家族で考えよう

「防災」家族で考えよう 教育

市立小3生にハンドブック

10月29日号

正社員雇用 8割「当面維持」

正社員雇用 8割「当面維持」 経済

横浜市調査で企業回答

10月29日号

女性特有のがんと検診

ピンクリボン月間企画

女性特有のがんと検診 社会

〜私らしく地域で生きる〜

10月29日号

安全の上の満足度追求

安全の上の満足度追求 経済

キリン工場見学 8カ月ぶり再開

10月29日号

対象品最大20万円割引に

県内の産業支援にかもめクーポン開始

対象品最大20万円割引に 経済

10月29日号

末吉を知る講座

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク