鶴見区版 掲載号:2018年2月1日号
  • googleplus
  • LINE

北線高架下緑地オープン 新たな憩いの場に

社会

歩き初めを行う住民や園児ら
歩き初めを行う住民や園児ら
 キリンビール(株)横浜工場前を走る横浜環状北線と岸谷生麦線の高架下緑地が1月26日、全面開放された。前日25日には近隣住民や保育園園児などによる歩き初めを実施。住民らは「新しい憩いの場になる」と歓迎した。

 高架下緑地は、北線整備にあたりキリンが一部売却した土地を活用した。昨年7月、横浜市と首都高、キリンの3者が管理協定を締結。売却により不足した工場立地法における緑地面積率を補うため、同法の敷地外緑地制度を利用してキリンが整備した。今後の維持・管理も同社が行う。

1Kmの緑道に

 総面積1・8ヘクタールのうち、工場見学入口付近の0・4ヘクタールは8月に部分開放されていた。今回の完成で、延長約450m、幅員約40mの大規模な高架下緑地となった。一般開放されている同工場内の歩道やビオトープなどを含めると、約1Kmにおよぶ緑道になるという。

 植栽は、日の当たりにくい高架下という環境を考慮し、耐陰性のあるツタやシダなどを中心とした約40種類。四季を感じてもらおうと、ヒラドツツジやクチナシといった花の咲く低木も植えられた。

園児の散歩にも

 25日のオープニングイベントには、征矢雅和鶴見区長や工場周辺の原西自治会、住宅地町内会、生麦住宅自治会の住民らが出席。完成を祝った。

 神崎夕紀工場長は「(工場内の)レストラン前の緑地を通り、キリン桟橋まで緑の道になる。地元の工場として愛し続けてもらう努力をしていく」とあいさつ。征矢区長は「工場の一番大切な表の部分を提供してもらった上、管理から開放までと感謝に絶えない」と謝意を述べた。

 また、当日は歩き初めに近隣の生麦保育園、ポケットハウス生麦、ヨコハマさくら保育園の3園から、園児約40人が参加。音楽に合わせ、緑地の中を歩いた。

 保育園関係者は「子どもが安全に走り回れる場所は少なく、ありがたい」とし、散歩コースとして検討していくという。工場のお膝元となる原西自治会の高橋英之進会長は「生麦事件碑までの歩道もでき、周辺の人たちの憩いの場になる」と完成を喜んだ。

 開放は火曜〜日曜・祝日(年末年始除く、月曜祝日の場合は翌火曜閉鎖)、午前9時〜午後5時30分(工場入口付近のみ〜10時)。

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク