鶴見区版 掲載号:2018年2月8日号 エリアトップへ

(PR)

県司法書士会 若年の自殺対策考える 2月17日 横浜市大で

掲載号:2018年2月8日号

  • LINE
  • hatena

 いまだ年間2万人を超える自殺者数。特に若者・子どもの死因第1位とあって、早急な対応が望まれている。そこで若者・子どものSOSを受け止める社会について、識者とともに考えるシンポジウムが2月17日(土)、横浜市立大学金沢八景キャンパスで開催される。参加無料で予約不要。神奈川県司法書士会の主管。

 「若者・こどもたちの『こころ』は今〜生きごこちのいい社会を目指して〜」と題した同シンポ。1部は基調講演「死にたいは、生きたい。つらい心を受けとめるために」として、NHK Eテレ「ハートネットTV」プロデューサー・渡辺由裕氏とディレクター・後藤怜亜氏、FMヨコハマラジオパーソナリティーの北村年子氏が講演。2部はパネルディスカッション「地域で作る 生きごこちのいい社会」として1部のメンバーと市大保健管理センターの臨床心理士、司法書士が話し合う。そのほか親子法律教室や学生のための働き方講座、発達障がいについての勉強会も同時開催。

神奈川県司法書士会

横浜市中区吉浜町1番地

TEL:045-641-1372

http://www.shiho.or.jp/

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

「黄金大仏」が開眼されました

川崎霊園を見守る大仏像が”お色直し”

「黄金大仏」が開眼されました

金箔5万枚の輝き 拝観無料

9月17日号

国内初、口座と紐づくタッチ決済

はまPayが114万店舗で利用可能に

国内初、口座と紐づくタッチ決済

スマホで「お金の管理」の新しい形を

9月17日号

コロナ禍で不動産価格どうなる?

東京建物不動産販売

コロナ禍で不動産価格どうなる?

プロが親身になって無料査定

9月17日号

薬に頼りすぎない健康生活

薬に頼りすぎない健康生活

vol.2「漢方・健康相談、断食指導行ってます!」

9月17日号

伝統の"香道"を堪能

世界へ羽ばたく!国際コース 【3】 白鵬女子高校

伝統の"香道"を堪能

生徒ら 香りのゲームに挑戦

9月17日号

新院長に遠田氏が就任

新横浜スパインクリニック

新院長に遠田氏が就任

「首、腰の手術に全力」

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月17日号

お問い合わせ

外部リンク