鶴見区版 掲載号:2018年2月15日号 エリアトップへ

矢向地区連合会の交通部長を務める 伊藤 充繁さん 矢向在住 78歳

掲載号:2018年2月15日号

  • LINE
  • hatena

「安全の輪」広げたい

 ○…放置自転車の取り締まりなど、矢向地区の交通安全のために活動する。「矢向は自転車に乗る人が多い。足腰が悪いって人も自転車なら乗れるからね」。同時にマナーの悪化を心配する。「赤信号でも平気で渡る人を見るとひやひやするよ」。このほど開催した自転車交通安全教室では、中心となって指揮をとった。「誰かが声を上げて、開いていかなければとは思うが、人集めが大変。活動の輪を広げていかないと」

 〇…「ワンパクな子どもだった」と昔を振り返る。お寺の庭で朝から晩まで野球をやって過ごした幼少時代。中学生の頃、所属していたソフトボール部では部長も経験した。就職を機に鶴見に。自動車や鉄道などメーカーの営業として全国各地を飛び回った。「北海道から沖縄まで色々な所に行った。取引先のお客さんに名所を紹介してもらったりして、その土地を知れるのが楽しかった」。2人の子どもに恵まれてから地域に深く関わるように。体育指導員となり、子どもたちに得意のスポーツを教えた。「教え子たちが今、町内会に入って。頼んだら色々とやってくれて嬉しいよ」とにやり。今では矢向南町町内会の会長としても活躍。「子どもを育ててくれた地域に恩返しがしたかった」

 〇…趣味は写真。一眼レフを持って、季節に合わせて各地に赴く。三ツ池公園や近隣病院に写真を飾ってもらったこともある。携帯にはひ孫の笑顔が。「7人のひ孫は目に入れても痛くない」と微笑む。「同じ場所や人でも日々変わる。その時にしか会えない一瞬を撮るのがたまらない」

 〇…子どもたちや高齢者はもちろんだが、一番参加してほしいのはお母さんたちだという。「実は中間の年代の事故が一番多い。電動自転車など使うと、速度もあるので怪我をしやすい。子育てや仕事に忙しい年代にどう伝えていけるか」。その眼差しには真剣そのもの。地域の安全を真摯に考え、奔走する。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

信時 正人さん

スマートイルミネーション横浜2019の実行委員長を務める

信時 正人さん

63歳

10月31日号

山内 秀行さん

潮田中央地区連合会の会長で、健康フェスタ開催の中心となってまとめる

山内 秀行さん

潮田町在住 65歳

10月24日号

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク