鶴見区版 掲載号:2018年2月15日号
  • googleplus
  • LINE

源氏物語の小道具解説 鶴大貴重書展28日まで

文化

来館者に解説する高田教授(右)
来館者に解説する高田教授(右)
 鶴見大学図書館で現在、『源氏物語』に登場する小道具をテーマにした貴重書展が開かれている。期間は28日まで。鶴大図書館は多くの貴重書を所蔵しており、定期的に展示を企画。今回で148回目となる。

 登場人物が有名な『源氏物語』の中で、香炉や文房具などの小道具にスポットをあてた同展。古くは鎌倉時代のものから、江戸時代などに書かれた『源氏物語』約20点を展示。小道具の出てくるページを開いた形で並べ、その内容を解題で一般にもわかりやすいように説明している。

 監修した同大文学部の高田信敬教授は、「楽器は知られているが、椅子やテーブルも出てくる。解題を見ながら楽しんでもらえれば」と話す。時間は平日午前8時50分〜午後8時、土曜は午後6時まで。日祝休館。入場無料。

 2月24日には、高田教授による講演会「席の示し方―源氏物語円座異解―」も実施。午後2時〜3時。参加費無料。申込不要で当日直接同大図書館へ。(問)【電話】045・580・8274

鶴見区版のローカルニュース最新6件

横浜、川崎でお墓のことなら石蔵

通常墓地、霊園から駅近納骨堂、ペットまでご相談を

http://ishi-kura.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

手作りでつるぽん

手作りでつるぽん

10月14日 図書館

10月14日~10月14日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク